マッシュホールディングスが寄贈!「MASH PARK ONAGAWA」8月19日(木)開園


ファッションブランド「SNIDEL」やルームウェアブランド「gelato pique」などを展開するマッシュホールディングスは8月19日(木)に、宮城県牡鹿郡女川町に「MASH PARK ONAGAWA(マッシュパーク 女川)」を寄贈する。

震災復興支援イベントの一環として寄贈


同公園は、「子どもたちに最高の笑顔を届けたい」という思いから、東日本大震災での被災率(※1)が最も高かった女川町への寄贈に至り、2016年より毎年開催(※2)のチャリティイベント「MASH PARK PROJECT(マッシュパークプロジェクト)」やマッシュグループの展開ブランドEC企画でのチャリティキャンペーンにおける寄付金をもとに建設された。

遠方からも訪れたくなるアートフルな公園、子どもが自ら遊び方を考え飽きずに遊べる公園、大人がリラックスして子どもを見守れる公園という「ロケーションコンセプト」と、有機的な造形美や安心する曲線美、風化しない色彩美を大切にした「デザインコンセプト」の2つのコンセプトのもとで建設された。

アートな遊具が満載


園内には、女川の山や海が織りなす自然の美しさを、街に溶けこむ色彩で表現したアートな遊具が並んでいる。公園のシンボルである「うみうしくん」には大きな滑り台やトンネルなどがあり、どのように遊ぶからは子どもたち次第。


鏡面仕上げの「ひとでくん」は、内側から星型のトップを見上げると万華鏡のような景色が広がり、陽の光の移ろいとともに地面に映る“お星さま”の影が子どもたちの感性をくすぐっていく。


ほかにも、「ちんあなごくん」や、


「さんごちゃん」など、海の生き物をイメージした大小さまざまな遊具が満載。子どもだけでなく大人もリラックスできそうな憩いの場だ。

子どもの成長にあわせて大小さまざまな遊具を設置している「MASH PARK ONAGAWA」、気になる人はチェックしてみて。

■MASH PARK ONAGAWA (マッシュパーク 女川)
住所:宮城県牡鹿郡女川町海岸通り2番地

※1 東日本大震災の津波被害による人的被害・住宅の浸水の割合。女川町は、被災した全市町村で最も数値が高かった町
※2 2020年度は新型コロナウイルスの影響により中止

画像をもっと見る

  • 8/12 14:15
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます