恒松祐里、「おかえりモネ」で百音に喝を入れる“すーちゃん”がブレイクの予感

拡大画像を見る

 女優・清原果耶がヒロインを務める朝ドラ「おかえりモネ」(NHK)の第62話が8月10日に放送され、恒松祐里演じる明日美が、なかなか進展しない百音(清原)と菅波先生(坂口健太郎)にツッコミを入れ、「すーちゃん」「アイスクリーム頭痛」がツイッターのトレンド入り。ネット上で大きな注目を集めている。

 宮城県気仙沼に生まれたヒロインの百音(清原)が、気象予報士の資格を取って上京。身につけたスキルを活かして故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く今回の朝ドラ。第62話では、車椅子のマラソン選手・鮫島(菅原小春)をサポートすることになった百音と菅波先生が、仕事を終え相合い傘で帰宅する場面が。

「シェアハウスに帰ってきた百音に、幼馴染の明日美が『ただ帰ってきたの? 一緒に?』と質問。『うん』と答える百音に『小学生か』とツッコミを入れるシーンに、ネット上では『すーちゃんの“小学生か!”って爆笑。わかりすぎる』『登米ばかりでなくこっちでもそうなるか』ほかにも『すーちゃんのお節介がいちばん“小学生か!”だなw』などのコメントが書き込まれています」(女性誌記者)

 さらにシェアハウスで百音や菅波先生とアイスクリームを食べる明日美は、隣から“無言の圧”をかけ、アイスを爆食してしまう菅波先生がアイスクリーム頭痛を起こしてしまう姿にも「すーちゃん、圧が強い」「菅波先生のドジっ子ぶりが健在でわたしは嬉しいです」といったコメントも寄せられている。

「明るくチャキチャキした性格の明日美は、高校を卒業後に仙台の大学に進学して青春を謳歌。やがて卒業後に上京して、アパレルショップに勤務する今時の女の子。明日美を演じる女優・恒松祐里は、『オーディションの時、しゃべり方のテンポとか、テンションの上がり方が自分と似ている』『これは絶対に受かって、ずっとこの子の役でお芝居できたらすごく楽しいんだろうな』『だから受かった時はとても嬉しかった』とコメントしています」(テレビ誌ライター)

 恒松はNetflixオリジナルドラマ「全裸監督」シーズン2でヒロイン・乃木真梨子役を体当たりで演じて話題沸騰。そして朝ドラヒロインの幼馴染役を演じて、注目度は一気にアップ。女優としてさらなる飛躍を期待したい。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 8/12 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます