24時間無人販売で大好評!誰でも美味しく焼ける“薄皮餃子専門店”の関西2号店がOPEN


「薄皮餃子」で多店舗展開を目指すふじやは、神戸市垂水区に関西2号店となる24時間無人営業の「ー薄皮餃子ー 餃子香月上高丸店」を、8月13日(金)にオープンする。

おうち市場でV字立て直し

昭和43年に創業した外食企業のふじやは、新型コロナウイルス感染が拡大してきた1年半前から既存の大型和食店や居酒屋を閉店。テイクアウト業態や無人餃子直売所の出店により、“おうち市場”の開拓を積極的に進め、コロナ禍でも会社が成長できることを目指している。「餃子香月」は、2021年4月本社がある徳島県に1号店をオープンし、現在は徳島県に2店舗、香川県に2店舗、兵庫県に1店舗を運営している。

薄皮の餃子で料理の悩みを解決

コロナ禍によって自宅で食事をする機会が多くなった昨今。毎日の食事は少しでも手間がかからないようにしたいという悩みや、料理を作る機会が増えたのに苦手だという悩みがある。そこで同社は、大衆的な食品である餃子でこれらの悩みを解決し、誰でも美味しく焼けるようにするために「薄皮」で商品を開発。


名古屋の名店「新風」が指導し、餃子チェーン店での大量生産は難しく前例がない「薄皮餃子」が誕生した。

誰でも簡単に美味しく焼ける


同商品は、薄皮なので中身の具材への加熱が早く、一般的な冷凍餃子より焼き時間が約20%時短でき、焼き過ぎる失敗が少ないのが特徴。また、ホットプレートの加熱でも簡単に美味しく焼けるので、自宅でもキャンプでも楽しむことができる。


オリジナルの薄皮は、焼き面はカリッと皮はモチモチで口の中に入れると皮が溶けてなくるという。食材は、国産の豚肉・キャベツを使用し、生のにんにくは風味を損なわないように製造ごとに挽くというこだわり。また、毎日工場から直送し、冷凍餃子でありながらできたてを提供している。素材の旨みが引き出されているので、タレを付けずに食べるのもおすすめ。

上高丸店では、オープンセールを開催。8月14日(土)と15日(日)の10時~19時に限り、通常36個入り1,000円(税込)が900円(税込)に!なお、餃子のタレは100円(税込)となっている。

この機会に、「薄皮餃子」を試してみては。

■ー薄皮餃子ー 餃子香月上高丸店
住所:兵庫県神戸市垂水区上高丸1丁目2-7

画像をもっと見る

  • 8/11 16:10
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます