チョコプラ、千鳥の「未完成品」から「完成品」へ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(8月1~7日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

長田庄平(チョコレートプラネット)「あとはもうご自由にツッコんでくださいよ」

 チョコレートプラネットは不思議だ。IKKOのモノマネでブレイクし、その後はTT兄弟などのネタで再びブレイク。瑛人『香水』のPVのパロディや「悪い顔選手権」の企画が話題になるなど、YouTubeチャンネルの動画も人気だ。彼らは話題になったネタを引っさげて、数々のバラエティ番組を席巻してきた。

 そんなチョコプラの一つひとつのネタとその消費のされ方を見ると、過去の一発屋芸人と同じように見える。けれど、彼らは“一発”では終わらず、“一発”を次々と当てていった。現在ではコントのレギュラー番組『新しいカギ』(フジテレビ系)が始まるなど、安定的な人気を確保しつつあるように見える。

 そんなチョコプラが、4日の『お笑い実力刃』(テレビ朝日系)に出演。ネタを披露するとともに、ネタ作りなどに関するトークをしていた。

 上述のように、YouTubeの動画も好調のチョコプラ。番組では、2人の人気動画に共通する点として「ツッコミが存在しない」点が挙げられていた。たとえば、お互いに架空のブランド名を言い合うネタ動画。東京オリンピックの開会式で話題になったピクトグラムのパロディ動画。海外アーティストのMVを再現した動画。なるほど、その動画内にはわかりやすいツッコミは見当たらない。

 ツッコミがないネタをするのは怖くないのか。そう問われた長田庄平は、次のように答えた。

「投げっぱなしのネタとかもやるんですけど、コメントでツッコむ人が多くて。こんなノッてくれるんだと思って。ツッコミたいんだと思って。じゃあ、もうボケだけ提供してやろうと。あとはもうご自由にツッコんでくださいよっていう」

 見た人が「何これ?」「何を伝えたいんだ?」と疑問に思うものを世に出し、ツッコミを誘う。見る側の自発的なツッコミが連なり、世間の話題を生んでいく。あえて未完成品を提供し消費者の参加によって完成品となる。完成品を与えられることに満足しない消費者に訴求する。そんなマーケティングの戦略を、そこに重ねることもできるかもしれない(それが新しい形のお笑いかというと、たとえば『8時だョ!全員集合』(TBS系)の「志村後ろ!」のような例もあるので、舞台の笑いに先祖返りしている部分もあるのかもしれない)。

 そんなネタの構造は、2人の軌跡にも重なって見える。チョコプラは2006年に結成。その2年後には『キングオブコント』(TBS系)の決勝に進出するなど、ネタは早くから注目されてきた。しかし、コントに力を入れ、賞レースで結果を残しても、なかなかブレイクにはつながらなかった。ターニングポイントとなったのは、松尾駿によるIKKOのモノマネだった。

「そこまではコント一本だと思ってたんですよ。コントしか道がないって思って、ずっとコントやり続けて。でも、賞レースで結果残してもハネへんしどうなんだろうと思ってて。で、モノマネでドンって行って。そのあとTT兄弟とかもバンって行って。なるほど、と。こういう角度もあんのかと思って」(長田)

 彼らが一発屋にならないのは、ネタの確かな面白さやバリエーションの豊富さ、スピード感などに加え、視聴者のツッコミを誘導し続けるネタの構造もあるのだろう。未完成品が完成品になっていくプロセス。それが生む推進力。周囲を巻き込み現象にしていく力。

 そして、そんなネタの構造は、必ずしも完成された工程表通りではないものの、モノマネやショートネタなどチャンスをひとつずつつかんでその都度の完成を確実に達成してきた、2人の軌跡にも重なって見える。

 ところで、未完成品にツッコんで笑いを完成させるといえば、たとえば千鳥の2人がやっているのはまさにそんな作業のように見える。『相席食堂』(朝日放送)や『クセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)が典型的だ。ノブと大悟は、未完成品のような粗いVTR、それだけでは笑いになりにくい映像にツッコミを入れ、笑いを作る=完成品にする。そういう意味で、千鳥は卓越した視聴者でもあるのだろう。

 そんな彼らの冠番組である『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)。1日に放送された企画は「ノブより愛らしい浴衣ブスはおらんのじゃ」だった。昨年の夏にも女性の浴衣を着たノブをイジっていた同番組。今回は、山内健司(かまいたち)や津田篤宏(ダイアン)、藤本敏史(FUJIWARA)などの芸人も交え、浴衣姿の“愛らしさ”を競っていた。

 で、この企画は一面で確かにひどい。「浴衣ブス」という言葉選びとか、それを起点とした笑いの作り方を問題だと感じる人も多いはずだ。けれど、そのひどさはひどさとして確実にあるとして、ちょっと別のところにも着地したように見える。

 ドッキリで連れてこられた芸人たちは、メイクもカツラもつけず、浴衣を着ただけで幕の後ろにスタンバイする。最初の挑戦者はかまいたち・山内。幕が開き、後ろを向いた浴衣姿の山内が現れる。回転台が回る。ちょっとずつ見えてきた彼の表情は、少しうつむいた物憂げなもの。しかし、その作為のある表情に、「1回、幕閉めましょう」と大悟はNGを出す。

「ワシそんなん求めとんちゃうねん」

 このように、大悟はウケ狙いの作為的な表情を次々に否定していく。「どうしたらいいの…」などと困惑する芸人たち。しかし、そんなやり取りのなかで芸人たちがふと見せた“素”の表情に、大悟は「今のいいよ!」などとOKを出す。かと思うと、誰よりも表情の見せ方に迷いを見せたフジモンに対しては、「めっちゃくちゃ面白い顔してください」とさらなる失敗を演出し笑いを作る。

 どこにも正解のない、浴衣姿の愛くるしさというお題。そこに大悟の舵取りで正解・不正解が作られていく。大悟の理不尽さを含んだジャッジにノブが半ばノリながらツッコみ、共犯者的に笑いを増幅していく。その場で仮構されるルール。すぐに崩されるルール。新しい遊びを作るときの子どものような笑いに、視聴者も共犯者に巻き込まれていく。

 それは、未完成品を完成品にするプロセスでもある。『テレビ千鳥』のこれまでの企画を振り返ってみるならば、100円だけ握りしめてゲームセンターに行ったり、テレビ朝日の社屋の屋上で花冠を作ったり、広瀬すずに会うのをガマンしたり。千鳥の2人は設定だけが決められてその後の正解の決まっていない未完成品に見える企画を、現場のやり取りで完成品にしていく。

 そんな現場の叩き上げ式の笑いは今回も健在だった。もちろん、「浴衣ブス」という否定的なワードやそこから出発した笑いのひどさはひどさとして確実にある。が、同時に、そこには作為的な顔ではなくそのままのあなたの表情が一番輝いているといったメッセージも感じ取れるだろう。人気ブラジャーを当てる企画のときなども、そういった肯定的なメッセージが発信されていたように思う。

 千鳥の2人は、未完成品を完成品にしていく。しかし、しばしばその笑いには、未完成に見えるものはすでに完成されているという存在の肯定が見え隠れするのだ。――と、なんとなくそれっぽい感じのフレーズで締めたのだけれど、なんだかオチが決まらない。たぶん、読んだ誰かがうまいオチをつけてくれるはずだ。

  • 8/11 17:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます