自然に癒されたい!おすすめ農業漫画5選!

拡大画像を見る

広大な自然に抱かれながら、作物や生き物と戯れ1日を過ごす。そんな田舎暮らしにあこがれているあなたにお届けしたい農業・酪農がテーマの漫画を5作ご紹介します!

自然に癒されたい!おすすめ農業漫画5選!

農業・酪農をテーマとした漫画。ライフスタイルをテーマとしたものからグルメ・ビジネス・青春・恋愛まで様々な角度からストーリーが展開されるものまで、5作ご紹介します。

銀の匙Silver Spoon

この商品の販売サイトをチェック

銀の匙Silver Spoon(小学館)

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51D3FUXJ4XL._SX317_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

作品紹介

作者:荒川弘 出版社:小学館 掲載誌:週刊少年サンデー 全15巻

あらすじ

私立中学に通っていた八軒 勇吾は高校受験に失敗し落胆していた。否定的な態度ばかり取る父親から逃れたかった勇吾は大蝦夷農業高等学校への進学を薦められ、恩師のアドバイスで入学を決意した。どちらかというと都会っ子であった勇吾。なれない寮生活では個性的なルームメイトに翻弄され、実習では牛舎から逃走した子牛を追いかけるなど混乱を極める農業高校での生活に、ガリ勉だった彼はなじむことができるのか?

畜産のいろは

大蝦夷農業高等学校では当番制で馬房での馬糞の清掃など行わなくてはならず勇吾は圧倒される。しかし馬に乗った時に見ることができる景色に感動を覚える。清掃中に見つけた誰も使っていないピザ窯を使用できるように整え、学校で採れた材料だけで焼き上げたピザは格段においしい。都会では絶対できない経験の連続に、いつしか勇吾は大蝦夷農業高等学校での生活に安らぎを覚える。進学に悩む受験生にも読んでもらいたい感動の名作。

当時販売1200万部を優に超えていたコミックの実写化のあって公開前から期待度が高かった作品。

異世界のんびり農家

この商品の販売サイトをチェック

異世界のんびり農家(KADOKAWA)

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/61E+Hx1qg+L.jpg)

詳しく見る

作品紹介

著:内藤騎之介 画:剣康之 掲載誌:月刊ドラゴンエイジ 既刊10巻連載中

あらすじ

39歳で死亡した男性・街尾 火楽(まちお ヒラク)。死後の世界で神から異世界への転生を薦められた彼は生前観た農業番組の影響で転生先では農業がしたいと神に依頼した。しかし転生先は死の大地。農業などとてもできるような気がしないヒラクだったが授けらえた万能農具と生前培ったサバイバル知識で、壊れた大地を開拓していく。

ほのぼの系異世界漫画

最近よく見かける異世界漫画ですがその中でも特にゆっくりのんびりまったりした漫画です。歌がうまい住民に対して楽器を作ってあげたり、祭りの開催を夢見たりなど本当にほっこりした内容です。バトルやサスペンスの漫画に疲れている方にはこの漫画をおススメします!

GREEN〜農家のヨメになりたい〜

この商品の販売サイトをチェック

GREEN〜農家のヨメになりたい〜(講談社)

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/21EDSC6DGVL.jpg)

詳しく見る

作品紹介

作者:二ノ宮知子 出版社:講談社 掲載誌:Kiss Carnival 全4巻完結

あらすじ

吉川 和子(よしかわ わこ)は東京在住の調理師専門学校生。医大を首席で卒業し医師免許も持つ秀才・小野 誠に一目ぼれをした彼女は、誠を射止めるという超不純な動機で半ば押しかけ女房的に彼の実家の農業を手伝いに入るが…。

農業ラブコメ

ハイスペックな誠を射止めるため手伝うことになった農業。調理はうまい和子だったがしか誌家事はてんでダメ。両親からも勝手な行動を取らないようマークされているほどの自己中心的な性格の和子。当然どこに行ってもトラブルばかりの彼女だったが不思議と周りに好かれてしまう憎めない魅力がある。

JA~女子によるアグリカルチャー~

この商品の販売サイトをチェック

JA~女子によるアグリカルチャー~(KADOKAWA)

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61SFi7HBUhL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

作品紹介

著:鳴見なる 画:唐花見コウ 出版社:KADOKAWA 掲載誌:ヤングエース 全8巻完結

あらすじ

野沢 ひなげし12歳。父親の再婚によって彼女は田舎へ引っ越すことになってしまった。東京で都会暮らしをしていたひなげしの転居先は何と信州・小川村。しかも1人っ子だったひなげしには3人の姉妹ができ、静かない中でのにぎやかな生活が始まった。

村の描写が美しい

1人っ子だったひなげしには3人の姉妹ができる。長女・やしろ(15)次女・まゆ(13)4女・りんご(6)。そして野沢家のルールは、姉妹そろって野菜作りをすること。家で野菜を育てて収穫するまでを、美しい田舎の風景と共にひなげしは楽しんでいる。その後、彼女の暗い過去、父親との本当の関係についてなども次第に明かされていく。

もやしもん

この商品の販売サイトをチェック

もやしもん(講談社)

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/615WrA2d72L._SX354_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

作品紹介

作者:石川雅之 出版社:講談社 掲載誌:イブニング 全13巻完結

あらすじ

主人公・沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)は種麹屋の次男。特異体質である彼の特技はなんと「菌やウイルスを見ることができ、さらに彼らと会話ができる」こと。某農業大学に入学した彼は菌とウイルスに纏わる様々な騒動に巻き込まれてゆく。

発酵に関して詳しくなれる

もともと種麹屋出暮らしていた主人公。ストーリーにも数々の発酵に際する菌の活躍やその仕組みについて簡単出わかりやすい解説が登場します。菌と話せるという時点ですでにファンタジー要素が強いのですが、菌たちにもそれぞれ個性があって妙に話がリアルに感じられます。「お酒ってこうやってできるんだ!」など感動も。また可視化された菌たちの可愛さにも癒されますよ。

関連リンク

  • 8/10 17:10
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます