吉野家の国会限定メニュー『黒毛和牛重』、全国発売へ! ひと足早く食べてみた感想「安い」

拡大画像を見る

吉野家で2021年8月12日に全国発売となるメニューが話題となっている。その名も『黒毛和牛重(税込1419円)』だ。国会議事堂内にある吉野家永田町一丁目店でのみ販売されていた店舗限定メニュー「牛重」をブラッシュアップしたという本商品。

「一部の店舗でも数量限定でいいので牛重を食べたい」という問い合わせや要望に応える形で、数量限定、特別価格での解禁となった。実は、私(中澤)は国会の牛重を食べたことがあるため、その味をひと足早くお伝えしたい

・味の特徴

食べてまず、驚いたのは肉である。吉野家と思えない肉厚さで、脂というよりは牛の甘みと旨味を感じる味。それでいて、味つけは舌に慣れたいつもの吉野家なのだ。

吉野家ファンからすると、好きな部分はそのままにランクアップしている感じ。価格もズバ抜けているが、その肉厚さや旨みを知った後だと納得できる

・安くなっている

価格的に毎日食べるようなものではないものの、ちょっとした贅沢をしたい時に食べたくなる味。事実、私も国会で食べた後、何度か普通に食べたくなった

なお、永田町一丁目店で販売されていた「牛重」は税抜き1389円(税込み1527円)だったので、今回の全国販売メニューが100円くらい安くなっているのはありがたい

ちなみに、牛重は永田町一丁目店以外に、羽田空港の国際線旅客ターミナル店にもラインナップされていたこともある。しかし、以前吉野家の広報に聞いた話によると、こちらはコロナ禍以降にメニューから外れており、理由は、国際線の利用者が少なくなったためとのことであった。吉野家的にも「お客様に向けて」という感覚のメニューなのかもしれない。

というわけで、庶民の贅沢という言葉がぴったりのこのメニュー。ちょっと奮発したい気分の時はちょうどいい味だ。私ももう1度食べてみたいと思っていたので明日吉野家に行こうと思う。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

関連リンク

  • 8/11 13:17
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます