テレ朝番組スタッフの飲酒縁席、会場カラオケ店が謝罪 事件性についてもコメント

【モデルプレス=2021/08/11】テレビ朝日の東京オリンピック番組担当スタッフが、8日夜に飲酒を伴う宴席を開き、1人が店から転落し負傷・緊急搬送された件について、会場となったカラオケ店が謝罪コメントを発表した。

◆テレビ朝日五輪番組スタッフが飲酒縁席・会場のカラオケ店がコメント

会場となった「カラオケパセラ渋谷店」を運営するパセラは11日、公式サイトにて文書を公開し「8月9日からの報道にもございました通り、弊社施設カラオケパセラ渋谷店において、外階段踊り場(1階と2階の中間の踊り場)から飛び降り、怪我をされた方がいらっしゃいました」と説明。

「昨日(10日)より、警察を中心に調査を行っておりますが、現時点では事件性は無いとのご報告を頂いております」とした。

また「多くのお客様や関係各所の皆さまには大変ご心配とご迷惑をおかけしております事、深くお詫び申し上げます」と謝罪している。

さらに「一部報道やSNS上にて鍵の施錠に関するご質問がございました」と明かし、その件について「各階から外階段及び1階公道への避難路の安全確保に問題はございませんでした」と報告。「なぜ、途中から飛び降りられたのかは、関係部署が現在調査中でございます」とした。

続けて、営業時間短縮等に関する営業協力金に関しては「制度に基づき適切(カラオケパセラ渋谷店は申請致しておりません)に対応致しておりますこと、ご報告させて頂きます」と説明した。

なお、特定業界関係者への優先対応等の疑惑に対しては「その様な事実は見受けられませんでしたが、誤解を受けるようなことが無きよう、より一層注意喚起をさせて頂きます」とした。

◆五輪担当スタッフが飲酒宴席・緊急搬送

テレビ朝日は9日「今月8日夜、東京オリンピックの当社番組担当スタッフ10名が緊急事態宣言下における東京都の要請及び社内ルールを無視して打ち上げ名目の飲酒を伴う宴席を飲食店で開き、翌9日未明退店する際に当社スポーツ局社員1名が誤って店の外に転落し、負傷して緊急搬送されました」と報告。当該社員は現在入院中で、事案の詳細は確認中と明かしていた。(modelpress編集部)

◆カラオケ店発表全文

【お知らせとお詫び】

8月9日からの報道にもございました通り、弊社施設カラオケパセラ渋谷店において、外階段踊り場(1階と2階の中間の踊り場)から飛び降り、怪我をされた方がいらっしゃいました。

昨日より、警察を中心に調査を行っておりますが、現時点では事件性は無いとのご報告を頂いております。多くのお客様や関係各所の皆さまには大変ご心配とご迷惑をおかけしております事、深くお詫び申し上げます。

尚、一部報道やSNS上にて鍵の施錠に関するご質問がございましたが、各階から外階段及び1階公道への避難路の安全確保に問題はございませんでした。なぜ、途中から飛び降りられたのかは、関係部署が現在調査中でございます。

また、営業協力金に関してのご質問も頂きましたが、制度に基づき適切(カラオケパセラ渋谷店は申請致しておりません)に対応致しておりますこと、ご報告させて頂きます。

更に、特定業界関係者への優先対応等に関しましても、その様な事実は見受けられませんでしたが、誤解を受けるようなことが無きよう、より一層注意喚起をさせて頂きます。

最後に為りましたが、この度は多くのお客様のお気を煩わせ、また関係各所の皆さまにお手間をお掛け致しましたことを、重ねて深くお詫び申し上げます。

令和3年8月11日
パセラ営業統括部門長 池田竜作

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/11 15:19
  • モデルプレス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ソフィア

    8/11 17:42

    飲酒には触れないようにしてるせいで全然謝罪になってない

記事の無断転載を禁じます