「ランボルギーニ ミウラP400S」 モデルカー組み立てられるマガジン創刊

拡大画像を見る

分冊百科を手がけるアシェット・コレクションズ・ジャパン(東京都新宿区)は、毎号付属するパーツを組み立てることで、イタリアのスポーツカー「ランボルギーニ ミウラ P400S」のモデルカーが完成するパートワークマガジン「ランボルギーニ ミウラをつくる」を2021年8月11日に創刊。

流麗なボディラインや内装

1966年のジュネーブ・モーターショーで鮮烈なデビューを果たし、チューンアップバージョンとして68年に登場した「ミウラP400S」の実車を徹底再現したという1/8スケール、全長55センチのモデルを組み立てられる。

金属パーツによる流麗なボディラインとシャシー、内装の質感、シート後方に搭載されたV12型エンジンのメカニズムを堪能できるフロント、リアのフード開閉機構などを再現。車輪はステアリングで操舵が可能なほかドアの開閉などの可動ギミック、発光&サウンドギミックなどを満載する。

マガジンでは組み立てガイドに加え、同車の誕生とその開発秘話を徹底解説。トラクター製造で成功を収めたランボルギーニ社の創業者フェルッチオ・ランボルギーニ氏が挑んだ"究極のスポーツカー"製作の道程、同社の歴代モデルの伝説などを紹介していく。

また、創刊号には完成モデルのディテールや各種ギミックなどを紹介するほか、実車の走行シーンを収録した「スタートアップDVD」が付属する。

創刊号は特別価格の299円(税込)。第2号以降は1999円(同)。刊行号数は全100号の予定。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 8/11 14:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます