渡辺直美が語るNY生活で思い出されるあのアメリカ在住芸人

拡大画像を見る

 お笑いタレントの渡辺直美が8月4日放送の「世界くらべてみたら」(TBS系)にリモート出演し、ニューヨークで支払う朝食の金額を嘆いた。

 世界進出を図るべく、今年3月に同番組を降板し、現在はニューヨークで暮らしている渡辺。「What’s up guys?」と現地から上機嫌に挨拶し、「皆さん、ご無沙汰しております、渡辺直美です。国分さんお元気ですか? 私は、ニューヨークに来て2カ月が経ちましたが、見ての通り元気いっぱいでーす!」とMCのTOKIO・国分太一に呼びかけた。

 この日のニューヨークは、アメリカ独立記念日にあたる7月4日ということで、豪華な花火大会が開催されており、渡辺はクルーズ船から摩天楼の景色を満喫。現地での暮らしに大満足な様子ではあったが、「やっぱニューヨークは大変」と切り出し、「住んでみてわかったんですけど、食べ物が高い。びっくりしました」と物価の高さに驚かされたという。

 具体的な一例として、「朝、目玉焼き2個と、ちょっとアボカドを乗せたパン、ツナサラダで7000円。びっくりしました。マジで70ドルしたんですよ、2人で」とある日の朝食のメニューと値段を紹介。スタジオからも驚きの反応が上がると、渡辺は続けて「日本って“安くて美味しい”っていっぱいあるんですけど、こっちは安いとマズいんですよね」と本音を漏らし、「だから、美味しいものを食べるにはお値段を出さなきゃいけない。だからマンハッタン見ると、本当に成功者、ビジネスで成功してる人しか住めない」とニューヨークでの暮らしを語っていた。

「渡辺は昨年9月2日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演した際も、ニューヨークの家賃相場について『クソ高い』と表現しています。月の賃料は50万~60万円が基本で、家を購入しようと考えた渡辺が『この物件イイじゃん』と値段を調べたところ『70億円だった』と仰天。彼女の言うように、真の成功者にしか支払えないような物価の街だといえるでしょう。ネットでは、そんな渡辺のニューヨーク暮らしに対する羨望の声が集まったほか、『そう考えると綾部はすごいな』『綾部の朝食はいくらかな?』『綾部って成功者なの?』『収入源が謎』『ずっと向こう行ったままだよね、何して生きてるんだろう』などと、2017年10月からニューヨークを拠点にオシャレなライフスタイルを発信するお笑いコンビ・ピースの綾部祐二を引き合いに出した反応も散見されました。

 綾部の収入源については、2019年1月放送『訳あって…東京に住むのヤメました』(日本テレビ系)の中で、綾部本人がネット配信番組への出演料などを挙げていましたが、そうした収入のみで“真の成功者の街”に住めているのかどうかは気になるところですね」(テレビ誌ライター)

 かつてはバラエティ番組「ピカルの定理」(フジテレビ系)などで共演し、同じ茨城県育ちの吉本興業所属タレントとして、プライベートでも仲がいいという渡辺と綾部。

 世界的ファッションブランドのアンバサダーも務める渡辺がパンやツナサラダの朝食費を嘆いている一方、“謎の活動”を続ける綾部は8月5日にもインスタグラムのストーリーにて、山盛りのフライドポテト、オニオンフライ、パンなどがこれでもかと盛られたプレートを公開している。

 日本を飛び出し、“成功者の街”で暮らす2人の発信からは今後も目が離せそうにない。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 8/11 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます