『仮面ライダー』新作の主演・前田拳太郎、実妹と幼馴染みがアイドルというアニメ主人公顔負けの生い立ち

 9月に放送がスタートする新しい仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーリバイス』(テレビ朝日系)で主人公の五十嵐一輝を演じる前田拳太郎(21)が、“アイドルの妹”と“アイドルの幼馴染み”を持つ、アニメの主人公のような実生活を送ってきたことが明らかになった。

 前田拳太郎の実妹は、ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・BEYOOOOONDSの前田こころ(19)。以前より、ハロプロファンの間では2人がきょうだいなのではないかと噂になっていたが、8月5日にこころが公式ブログで<ちょうど1ヶ月後の9月5日からは、兄が初主演を務める「仮面ライダーリバイス」が放送スタートします!!>と報告したことで、拳太郎が兄であることが公式に発表されたのだ。

 そして、拳太郎の幼馴染みなのが、モーニング娘。の元メンバーで、現在は女優として活動している工藤遥(21)だ。

「小さいころから拳太郎と工藤が仲良しで、こころも工藤を慕っていたとのこと。工藤がモーニング娘。に加入したことで、こころはハロプロに憧れを抱き、ハロプロ研修生のオーディションを受けたそうです」(アイドル雑誌編集者)

 実妹と幼馴染みがアイドルで、自身は仮面ライダーとなった前田拳太郎。まさに、アニメの主人公のような、驚くべき経歴の持ち主だ。

「拳太郎は、2018年開催の『第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』を受けていて、このとき候補者たちはSNSで自己アピールをしていたんですが、拳太郎のプロフィール欄には『これから仮面ライダーを目指して頑張っていくので応援よろしくお願いします』と書かれている。まさに、その夢を実現したということですね。それもまたアニメのような劇的な展開ですよ」(同)

 前田拳太郎は幼いころから空手を習っており、中学生時代には全国大会で団体優勝の経験もある。さらに、社交ダンスも特技で、社交ダンスをテーマにした舞台『サクラガーデンの約束』にも出演した。

「所属事務所はLDHなので、今後ダンス方面での活躍も期待できるかもしれないですね。仮面ライダー出身俳優は続々とブレイクしているし、LDHとしてもそのジンクスを崩したくないはず。事務所もしっかりとプッシュしていくでしょう」(芸能事務所関係者)

 妹のこころは、これまでブログなどで何度か兄に関するエピソードを披露している。

「こころの話を聞く限りでは、とにかく優しくて、コミュニケーション能力の高い兄という感じですね。努力家で真面目で、だからこそ夢であった仮面ライダーの主演も射止めることができたはず。アニメの主人公よりも完璧ですよ。LDHも素晴らしい人材を獲得しましたよね」(前出・アイドル雑誌編集者)

 佐藤健、吉沢亮、菅田将暉、竹内涼真など、いまをときめく人気俳優の多くが、仮面ライダーへの出演を経て、大ブレイクを果たしている。あまりにも完璧な前田拳太郎も、彼らと肩を並べることとなりそうだ。

  • 8/10 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます