実業家グラドル・ヴァネッサ・パン、いじめを乗り越えJRの広告ジャック!

拡大画像を見る

 台湾から単身で日本に乗り込み、その後さまざまな事業を成功させ、実業家グラドルとして人気となったヴァネッサ・パンが7月29日、自身のツイッターを更新。「自分に囲まれてきた!」と、浴衣を着て微笑む自身の広告の隣に並び、自撮りした姿を投稿した。

 贅沢にも、その広告はJR各社の車両をジャックしているそうで、投稿を見たファンからは、「車両ジャックおめでとうございます。浴衣姿似合ってますね!」「その電車に本人が乗ってるなんて贅沢!周りの人気づいて〜!」「自分も山手線で見つけて写真撮ってきましたよ」と、絶賛するコメントが寄せられた。

 広告と一緒に写真を撮るファンも多数現れるなど、大反響のようだ。

 記者が話を聞いたところ、本人から衝撃的なエピソードが語られた。

「1人で日本に来たばかりの頃は、日本語もうまく喋れなかったので、まさかここまで事業を大きく展開できるとは思いもしませんでした。実は私、昔は自分の顔にコンプレックスがあって、見た目をからかわれるなど、いじめにあったことがあるんです。そんな自分が、今は広告を見たたくさんの方から、とてもキレイだと褒めていただけるようになれて、本当に嬉しいです。今回の広告にすごい反響をいただいていて、正直びっくりしています。JR車内で流れるテレビ広告もスタートするので、動くヴァネッサ・パンもぜひ見てくださいね」

 過去のいじめを乗り越え、事業で大成功を収めたヴァネッサ・パン。今後は水着姿で車両をジャックしてもらいたいものだ。

(佐藤ちひろ)

関連リンク

  • 8/11 6:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます