「別れたい」と言われても終わりじゃない!挽回して結婚した体験談を紹介!

拡大画像を見る


付き合ってる人に「別れたい」と言われると、悲しくても受け入れて次の恋に向かわなければならないと考えるのは自然なことです。しかし、実は「別れたい」と言われても全ての恋が終わるわけではありません。中には、別れたいと言われてからその理由を乗り越えて結婚まで到達したという人もいます。そういう人たちが、どうやって結婚をつかみ取ったのか体験談を紹介していきます。


悪いところを徹底的になくした

別れたいと言われた理由が自分の悪い部分にあった女性は、その部分を徹底的に直したようです。それまでは彼に嫌だと言われても本気にしていなかったのが、最後のチャンスをもらったと思って必死に改善したことで、最初は元サヤに戻るのを拒否していた男性も前向きに考えてくれたようですよ。彼氏に頻繁に「〇〇を直して!」と言われている人は、頑張って改善すると彼との仲も良くなるかもしれません。


彼に尽くして甘やかした

「嫌いになったわけではないけど別れたい」と言われた女性は、彼の心が離れかけていることに気付いたようです。そこで「時間をちょうだい」と言って付き合いを継続し、今までとは比較にならないレベルで彼に尽くして甘やかしたそうです。そうすることで「他の女性と付き合ってもこんな心地良い関係にはならない」と思わせて、よりを戻すことに成功したようです。彼から「手放せない!」と思われるのも、別れを回避するためには大切かもしれませんね。


距離が理由だったのでついていった!

彼が「別れたい」と言った理由が「遠距離恋愛に耐えられない」や「海外の支社に転勤が決まった」というものの場合、ついていく決断をすることで別れを回避することも可能です。多くの女性は仕事を辞めざるを得ませんが、結婚して新たな土地で再就職する人もいます。距離が理由で別れたいと言われた場合、挽回もしやすいかもしれませんね。


「別れたい」と言われても好きなら最後まで諦めずに頑張ろう!

別れたいと言われても、絶対にその場で受け入れなければならないわけではありません。もしどうしても相手のことが好きで諦められないのであれば、彼が別れたいといった理由を聞いて、その原因をなくせるように挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/11 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます