バスクチーズケーキ×蜜芋が最高にマッチ!話題のカフェが、中目黒に誕生!

売り切れ必至のお取り寄せスイーツとして、人気となった「蜜芋バスクチーズケーキ」。

60日間熟成させることで甘みを増した安納芋と、濃厚でほろ苦いバスクチーズケーキが抜群の相性で、おもたせにもぴったりと話題を呼んだ。

その新感覚スイーツを手掛ける『&OIMO TOKYO』の新たな一手として、中目黒にカフェ『& OIMO TOKYO CAFE』がオープンした。

お芋尽くしのスイーツを、心ゆくまで堪能できるカフェを早速覗いてみよう!



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

チーズと芋の2層。「蜜芋バスクチーズケーキ」3,780円は、種子島の契約生産農家の一貫管理の元で作られた安納芋を使用。断面の二層が見た目にも新しい

味わいが異なる濃厚な二層が、口の中で溶け合う幸せたるや


看板商品の「蜜芋バスクチーズケーキ」を1カットから味わえることはもちろん!

“オシャレ&ヘルシー”をコンセプトに、米粉やグレープシードオイルなど、ヘルシーな素材にこだわった“新感覚”メニューを続々と開発予定だ。


安納芋をつかったキッシュなど、ブランチやランチメニューも充実。


店内中央にはオープンキッチンがあり、店内にはスイーツが焼けるいい香りが広がる。

そして、開放的なテラス席はペットを同伴できるのも嬉しい!


上品な木箱を包む、和の包装が可愛い!大切な人へのギフトにピッタリだ。



至福の甘いひと時を約束してくれる、新感覚スイーツ。

中目黒という新天地にできた、話題のカフェから目が離せない!

▶このほか:心からホッと安らげる和食の新店。印象深い美味しさに、大人がリピートしたくなる

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/11 5:01
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます