胃、肝臓、腸が体外に飛び出た状態で生まれた女児、無事手術が成功する(英)

拡大画像を見る

2018年6月6日のこと、英ケンブリッジのアデンブルックス病院でローレル・フィザクレアちゃん(Laurel Phizacklea)が元気なうぶ声をあげて誕生した。しかしローレルちゃんは胃、肝臓、腸が体外に飛び出ている「臍帯ヘルニア」を患った状態でこの世に生を受けた。

この靭帯ヘルニアは一般社団法人「日本小児外科学会」によると、母親のお腹の中にいる胎児の腹部に穴ができてしまい、そこから出た胃や腸、肝臓といった臓器がへその緒(臍帯)を通じて体外に出てしまう病気とのことだ。

実はローレルちゃんの母親ケリーさん(Kelly、31)と父親ショーンさん(Sean、35)は、ケリーさんが妊娠して12週目の検査の時にローレルちゃんの脊髄に奇形があることが判明して医師から中絶を勧められていた。ケリーさんは当時のことをこのように振り返っている。

「中絶を勧められた時、医師から言われた言葉を信じることができませんでした。周りのみんなは『大丈夫だよ。また産めるから』と言っていたのですが、私はローレル以外の赤ちゃんは考えられませんでした。本当にお腹の子を愛していたし、『この子のためならできる限りのことを何でもしよう』と思っていました。」

帝王切開でローレルちゃんを出産したケリーさんは、うぶ声を聞いた時に安堵でいっぱいになりショーンさんと一緒に大泣きしたそうだ。しかしローレルちゃんは生まれてすぐに人工呼吸器を装着され、新生児集中治療室に移された。幸いにも誕生してから3か月半後には無事退院し、自宅に帰ることができたという。

その後、ローレルちゃんは腹部の外に臓器を保持しながら生活することになったが、医師からは3歳になるまで臓器を体内に戻す手術ができないと言われたそうだ。そして今年の6月に3歳を迎えたローレルちゃんは、7月に手術を受けることとなった。

ケリーさんはローレルちゃんの手術について「娘の臓器は間違った位置にあったので、外科医はこれを取り出して正しい位置に戻して縫合しなければなりませんでした」と語っている。手術は無事成功し、ローレルちゃんは6~8週間ほど入院する予定だったもののわずか1週間ほどで退院することができた。

ケリーさんは「こんなに早く退院できるなんて、話がうますぎるのではと心配になることがあります。ローレルには自宅に戻った時に『大きな手術を受けたんだから安静にして』と言わなければなりませんでした。ローレルはとても活発な子ですから」とその喜びを語っている。

手術が無事に終わった今、縫合の跡が残っているものの普通の子と同じようなお腹が嬉しいのか、ローレルちゃんは喜んでお腹を見せびらかしているそうだ。そんなローレルちゃんは来月から幼稚園に通うのが待ちきれないとのことだ。

画像は『The Sun 2021年8月8日付「LAUREL’S BATTLE Girl, 3, born ‘inside out’ is home after undergoing lifesaving surgery」(Credit: Splash)(Credit: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 8/11 5:02
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます