新加入のリヴァプールDFコナテがオサスナ戦振り返り…有観客のアンフィールドに感動

拡大画像を見る

 今夏ライプツィヒからリヴァプールに加入したDFイブライマ・コナテがプレシーズンを振り返りコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。

 リヴァプールは9日、プレシーズンマッチとしてオサスナと対戦し3-1で勝利し、良い勢いのまま新シーズンに臨むことになった。

 今夏加入したばかりのコナテはオサスナ戦で先発出場。80分まで約4万人の観客を入れた“要塞”とも称されるアンフィールド(ホームスタジアム)でプレーした同選手が試合を振り返りコメントした。

「正直、ピッチに最初に足を踏み入れた時の感覚は言葉では言い表せないね。観客の前でプレーするのは幸せだし素晴らしいことだよ。今日は驚くべき日だし、リーグ戦やチャンピオンズリーグ(CL)になったらスタジアムがどうなるか想像もつかない。我々は良い試合をしたしそれが最も重要なことだ。自分のパフォーマンスにも満足しているよ」

 続けて「これでプレシーズンの親善試合は終わり、あとはリーグ開幕を待つだけ。楽しみだよ。ここ4週間はホテルで過ごしていたから少し大変だったけど、チームの雰囲気が良かったからそれは良かった。今は新シーズン、そしてリーグ開幕に向けてよい準備ができるといいね」

関連リンク

  • 8/10 17:37
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます