Snow Man佐久間大介、お忍びでの映画鑑賞「バレてました」<白蛇:縁起>

【モデルプレス=2021/08/10】中国で大ヒットのアニメ映画「白蛇:縁起」(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が10日、都内にて開催され、吹替版声優を担当したSnow Manの佐久間大介が、声優の三森すずことともに登壇。劇場に1人で映画を観に行ったエピソードを明かした。

◆佐久間大介、お忍びで劇場に

同作は、“千年を超える恋”を描いた壮大なラブストーリー。 三森が1000年の修練を経て人間の姿に変化している白蛇の妖怪・白(ハク)、佐久間が人間でありながら白を愛する男主人公・宣(セン)の日本語版声優を担当する。

この日、佐久間は、涼しげなホワイトのジャケットにブルーのシャツ姿で登場。同作の初日舞台挨拶の際はラメの入ったチョークストライプのスーツ姿だったが、「さすがに前回がギラギラだったので、“目に優しい佐久間”を見せようかなと」と照れ気味に言葉に。大ヒット御礼舞台挨拶の場に立てことを、「メチャメチャ嬉しいです」と歓喜した。

三森は当日の朝に同作を観たことを明かしたが、佐久間もお忍びで劇場に行き、鑑賞したそう。「この間、1人で映画を見に行ったんですよ。お昼のこの時間だったらバレないかなと思って。プレミアムシートのど真ん中にいました」と告白。「でも、気づかれてたみたいで、劇場を出たあとに…」と観客の反応を告げ、「『いつから気づいてたんですか?』って言ったら、『入ってきたときにそうかなと』と。バレてましたね」と述懐。「それを、(同作で共演した声優の)杉田(智和)さんとかに報告したんですよ。『観に行きました』って。『1人で行ったの?強いな!』って言われました」と続けた。

◆佐久間大介「テレビアニメとかも出たい」

今回、佐久間と日本語吹替版のW主演を務めた三森は、「またアニメでご一緒したいです」とにっこり。佐久間も「テレビアニメとかも出たいな」とさらなる声優挑戦に意欲。三森は「ギャグアニメとかも挑戦してほしい」と提案していたが、佐久間は「声優のオファーをいつでも待ってますんで」、「アニメ制作会社の方、よろしくお願い致します(笑)」、「記者のみなさん、大きく書いてくださいね(笑)」と軽快なトークで会場を沸かせた。

また、同作の完成披露試写会や初日舞台挨拶でも、佐久間はハイテンションで会場や報道陣を盛り上げてきたが、この日も、会場に詰め掛けたファンや、全国の劇場でライブビューイングを観ているファンに笑顔で手を振った。さらに、観客に向かって、「今日、初めて『白蛇』を観た人?」と質問する一幕も。フォトセッションでは、マスコミのカメラマンに向かって、「かっこいいですか?」、「かわいいですか?」、「キュートですか?」と声を掛けて盛り上げ、Snow Manが歌う同作の主題歌が流れるのを耳にすると、「Snow Man、いい曲、歌うな!」、「Snow Man、アルバム出します」と声に出した。佐久間の軽快なトークに、観客は大きな拍手で答えていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/10 17:15
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます