鞘師里保 復帰後5年半ぶり初ライブ、噛みしめるように出た⾔葉は「ただいま」

拡大画像を見る

8⽉4⽇(⽔)に1stEP『DAYBREAK』をリリースしたばかりの鞘師⾥保が8⽉9⽇、「RIHO SAYASHI 1st LIVE 2021 DAYBREAK」をチームスマイル豊洲ピットにて開催し、約1500⼈を魅了した。


モーニング娘。卒業後、約5年半ぶりのLIVEかつ、初のワンマンLIVE。公演名 DAYBREAKの意味は夜明け。活動再開を夜明けと表現しつつ、モーニング娘。へのリスペクトから「新しい朝」と⾔う意味も込められている。


本公演は本来なら5⽉28⽇(⾦)の鞘師の23歳の誕⽣⽇を祝う予定で準備を進めていたが、新型コロナウィルス感染拡⼤防⽌に伴う緊急事態宣⾔を受け延期。6⽉より細⼼の注意を払いながら楽曲制作を再開し、 7⽉末よりリハーサルを進め、キャパシティ50%以内で無事に公演を開催することができた。 


照明が暗転し、浮かび上がる⼀⼈のシルエット。「少し震える肩 硬く握る両⼿」豊洲ピットに響いたのは緊張感のある繊細な歌声。まるで今の気持ちを歌っているかのような『BUTAI』で公演は幕を開けた。


イレブンプレイのダンサーMAYUとNAGISAとの3⼈のダンスのシンクロ率に圧倒されつつ、THE鞘師⾥保を体感させられるダンスナンバーを披露。 1曲⽬を歌い切った鞘師の⼝から噛みしめるように出た⾔葉は「ただいま」の⼀⾔だった。バンドがシティポップなBGMを奏でたあと、先⾏配信時にはトレンド⼊りして話題にもなった『Find Me Out』を披露。こんなにダンスがハマるシティポップ曲がかつてあっただろうか。そして、バウンシーなビートが特徴の 『Simply Me』というダンスナンバーを披露。MCを挟んで、初の作詞曲となった『あの⽇約束したから』というバラード曲をしっとりと歌い上げた。 


その後のVTRでは、「『LAZER』という曲で初めて振り付けに挑戦したが、踊るのと⽣み出すのは全然違って⼤変だった」という苦労を明かした。そして最後には「この瞬間のために過ごしてきた⽣きてきた。その想いが発揮できるように、全員に届けられるように、このLIVEをそういう時間にしたい」と熱い眼差しで語った。その流れのMC内で新たに発表されたのは、「2022年1⽉の1stツアーが開催されること」「来⽉9⽉にドキュメンタリー映画が上映されること」。1stツアーの会場として中野サンプラザが発表されると、会場だけでなくSNSでも⼤きな反響があり、話題となった。 


『Puzzle』では歓声こそ出せないものの、オーディエンスが⼀⻫に⼿を揺らし、会場は⼀体感が溢れた。 会場のボルテージがマックスを迎える中、ラストの曲、鞘師の⼼の叫びを歌にした『LAZER』を途中涙をこらえながらエモーショナルに歌い上げた。 本編のラストには会場を訪れたファン全員から「おかえり」と書かれたプラカードを掲げるサプライズが。 突然のサプライズに、鞘師は「歌うことを辞めそうだったけど、ファンの皆さんの声が届き続けていたから少 しずつ前を向けました」と涙を流しながら感謝の気持ちを語り、最⾼度の熱量の中感動的なフィナーレとなった。


最後に「またね︕」と笑顔で締めくくり、ファンの熱い想いと共に盛り上がった本公演は、⼤盛況のうちに終幕した。

関連リンク

  • 8/10 7:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます