「楽だから、カップ付きキャミばかり」ブラをすることが面倒になっていた女。気がついた時には…

ステイホームの時間が増えたいま、 東京にいる男女の生活は大きく変わった。

その中でも華やかな生活を送っていたインスタグラマーたちが、こぞって夢中になったのが「#おうち美容」。

外からも内からも自分と向き合い「美ごもり」生活を送った人々には、いったいどんな変化があったのだろうか?

1つのアイテムが、人生を変えることもある。

東京で「#美ごもり」生活を送る人々の姿を、覗いてみよう。

今回は自分を諦めていた女・葵(40)の話。

▶前回:これってワガママ?「結婚がしたい。でも子どもはいらない…」女友達には言えない、独身女の本音

恋もブラも面倒くさくなっていた女・葵(40)


「暇だなぁ…」

日曜13時。

窓から見えるのは、雲ひとつない快晴。真っ青な空と太陽のコントラストからして、今日も真夏日であることが外に出なくてもよくわかる。

キンキンに冷房が効いた部屋でぼうっと見ているテレビからは、バドミントンの試合中継が流れている。

そういえば昔読んだ漫画で「東京での開会式が行われるときに、このまま独身だったらどうしよう」というシーンがあったことを思い出す。

「あれ?でも結局私、開会式をひとりで見たのか……」

2021年、夏。こんなはずじゃなかった。

昨年まで、夫がいた。だが去年の年末に離婚が成立。私はまた、ひとりになってしまった。

「でも新しい恋も面倒くさいしなぁ」

今さら好きだの恋だの、面倒だ。誰か一緒にいてくれれば嬉しいけれど、好きになれる人もいないし、いいなと思った人の横には大概誰かがいる。

「好きな人ってどうやって作るんだっけ…」

自分でもわかっている。でも大好きだった夫と離婚してから、新しい恋に踏み出す力がないのだ。

誰もいない部屋に、虚しく実況中継だけが響き渡った。

恋することが面倒で、諦めている女。そんな“諦め女”から脱却するには

『葵、今夜うちで飲まない?』


暑くてダラダラしていると、夕方に友人の優香から連絡が入った。優香は私より3歳上だが、同じバツイチ仲間で独身仲間でもある。

だが優香の場合、私とは違って常に誰かに恋をしていた。

「でね、ダニエルがさぁ〜」

優香の部屋に着くなり、彼氏の愚痴が始まった。ちなみにダニエルとは、現在、彼女が交際している彼氏のことだ。

「優香は、ダニエルと結婚したいとは思わないの?」
「思わないかなぁ。もう結婚はいいや」

元々優香は、外資系投資銀行に勤める超リッチな男性と結婚していた。だが5年前に離婚し、財産をガッポリもらったおかげなのか、今はひとりで悠々自適に暮らしている。

“アラフォー離婚あるある”なのかわからないが、元夫が日本人だったので、次は絶対に海外の人と交際すると決めていたようだ。

「ってか、葵は?最近どうなの?」
「最近って知ってるでしょ?予定といえば、優香とこうして会うくらいだよ」

周りの子は既婚者が多く、子持ちも多い。

そういう子たちとは時間も予定も合わないし、離婚後に会いたくない気持ちもあった。

「葵、そんなこと言ってると干からびるよ?ところで、今日の下着ってどんなの着けてる?」
「へ?下着?」

何を着けているのか思い出せない。…というか、ここ最近は暑いせいで、カップ付きキャミソールばかりだ。


「今日はカップ付きのキャミだから、ブラはつけてないよ」
「うっそ、信じられない!!!」

まるでこの世のものとは思えないかのごとく、大げさに優香は驚いている。

「好きな人の前で脱ぐとき、どうするの?」
「いやいや。見せる相手もいないし、何より楽だし…」

最後に男の人の前で脱いだのは、いつになるだろうか。思い出せないくらいかなり昔のことだ。

出て行った旦那とはほとんどレスだったし、離婚後、新しい男に抱かれてもいない(その前に、彼氏さえできていないのだが…)。

しかも暑さを理由に、最近はカップ付きキャミばかり着ていた。これが楽すぎて、慣れるとブラを着けるのが面倒になってしまった。

「葵…。自分のこと、もっと大事にしなよ。元夫のことなんて早く忘れてさ」

優香の言葉が、グサグサ刺さる。

別れた夫・春樹のことが本当に好きだった。だが結婚生活3年目で、ある日突然、夫から離婚を切り出された。

理由は、未だによくわかっていない。ただ「結婚してから、葵が変わったから」と言われたことが、まだ引っかかっている。

「ダニエルと一緒にいるとね、私も女になれるんだぁ♡」

優香の惚気を聞きながら「私の何が悪かったのだろうか」と、もう一度考える。でもやっぱり、答えは見つからなかった。

夫が家を出て行ったのはナゼ?女が見失っていたこと

翌日。クローゼットを整理しながら、ブラを取り出してみた。

いつから私は、カップ付きキャミに逃げていたのだろう。

ここ最近ステイホームで家にいることも増え、外に出ない日はほぼ100%と言っていいくらい、下着を着けていなかった。

寝るときだって、もちろんブラを着けずに寝ている。

たまに「これだと胸が垂れてしまうかな」と一応気にしてブラを着けたとしても、ヨガのときに使うスポブラ程度だった。

「あれ?私って、いつからこんな面倒くさがりになったんだろう」

思えば、春樹と出会ったとき。私は女磨きに勤しんでいた。デート前はネイルやマツエクに行って、メンテナンスを怠ることはなかったから。

誰かのために着飾ることや、オシャレに気を使うことが、本当に楽しかった。

けれども結婚して余裕が生まれたのか、それとも気が緩んだのか。

料理の邪魔になるからネイルもやめたし、マツエクもやめた。それだけでなく、家にいるときの部屋着も適当だったことを思い出す。


カップ付きキャミに、ヨレヨレのTシャツ。そしていつからはいているか覚えていないくらい、長く愛用しているストレッチパンツ。

「待って。私、女子力皆無だったんじゃ…」

ステイホーム中にメイクをした記憶はない。愛する夫の前でも油断して、ずっと眼鏡でダラダラ過ごしていた。

「そりゃ幻滅するわ…」

慌てて、手に持っているブラを着けてみた。

すると少し垂れていた胸が、ツンと上向きになる。そして背中から寄せ集めたお肉もあって、久しぶりに自分の胸がふっくらとした。


全身鏡に映った自分を見ながら、フゥっと息を吐いた。

久しぶりに自分の体をちゃんと見た気がする。こうして見ると、案外悪くはない。

もう少し筋トレとかも頑張ったら、意外にいい感じだ。

人生、諦めたら終わり。

しぼんだと思って諦めていた胸だって、ちゃんとブラを着けて正しい位置に戻してあげれば、それなりに上を向くのだ。

恋愛だって、面倒だと思って逃げていた。なぜなら、また傷つきたくなかったから。

「もう一度、向き合ってみようかな…」

楽な道に逃げるのは、やめた。“面倒”という言葉も封印しよう。

これからは少しだけ背筋を伸ばして、誰かと出会える準備をしていけたらいい。そこには、自然と上を向いた自分がいた。


▶前回:これってワガママ?「結婚がしたい。でも子どもはいらない…」女友達には言えない、独身女の本音

▶NEXT:8月17日 火曜更新予定
ガサガサな女

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/10 5:01
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます