社会人でも読めない?!【就中】言葉の使い方もチェック!

今回は、高レベルの難解漢字をご紹介。
「就中」という漢字、あなたはスムーズに読めますか?

社会人でもなかなか読めない方が多いこの漢字、さらりと読めたらカッコイイですよ。

(1)「就中」の読み方


冒頭でもご紹介した「就中」という言葉、読み方の見当はついたでしょうか?
「しゅうちゅう」と読んでしまいそうですが、残念ながら不正解。

実は、「就」も「中」もまったく異なる読み方をするのです。
正解は「なかんずく」。

初めて聞いた言葉だという方も少なくないのでは?
それでは、「就中」の意味についても調べてみましょう。

(『広辞苑』より)

(2)「就中」の意味


「就中」とは、「その中で」「とりわけて」「とくに」という意味をもつ言葉です。
平家物語でも用いられている言葉で、古くから使われていたことがわかります。

現代では、話し言葉でこそ使われる機会は少ないですが、硬い文体の文章では使用されることも多い言葉です。
ただし、書き言葉でも「就中」と漢字で表記されることは稀で、ひらがな表記がほとんどなのだとか。

目にする機会も少ない漢字のため、ますます読むのに苦労することでしょう。
(『広辞苑』より)

(3)「就中」の由来


「就中」の読み方や意味がわかったところで、由来についても把握しておくと、より理解が深まるでしょう。
「就中」とは、漢文訓読に由来します。

漢文で表記されている「就中」を、返し点「レ点」を入れ「就レ中」と読むような表記があったのかと想像できるでしょう。
「就レ中」を日本語に即して読むと「中(なか)に就(つ)く」と読めます。

「中(なか)に就(つ)く」を音便で読むと、「なかんずく」となるのです。
音便とは、音節の一部が元の音とは違った音に変わる、日本語の現象を指します。

音便系を用いると、「咲きて」が「咲いて」、「早く」が「早う」と読めるようになります。
この音便系を用いると、「なかにつく」と書いて「なかんずく」という読みになるのです。

(『広辞苑』より)


今回は、「就中」という漢字をご紹介しました。
普段使用しない言葉なだけに、読み方や意味、由来なども難解だったのではないでしょうか?

とくに、漢文由来となると頭を抱える方も多かったはず。
ですが、一度理解してしまえば難しくありません。

ぜひ「就中」をスムーズに読み解き、知識を披露してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/9 21:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます