ケインは12日から全体練習参加へ…ロメロは軽傷、B・ヒルは10日に到着予定

拡大画像を見る

 トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインは、今週中に同クラブの全体練習に復帰するようだ。9日、イギリスメディア『アスレティック』が報じた。

 7月11日までEURO2020の決勝戦に出場していたケインは、今月2日に休暇を終えてチームに合流する予定だったが、練習場に姿を表さなかったため騒動に発展。移籍のための練習ボイコットと捉えられ、マンチェスター・Cへの移籍報道が加熱した。

 バハマで休暇を過ごしていたというケインは、6日に自身の公式Twitterに練習拒否を否定する声明を掲載。7日から練習を再開しているが、帰国後の隔離措置のため、現在はスパーズ・ロッジ(練習場の宿泊施設)で個別調整を行なっている。

『アスレティック』によると、トッテナムは隔離期間が終了する12日からケインをグループトレーニングに復帰させる予定だ。ただ、15日に控える2021-22シーズンのプレミアリーグ開幕節マンチェスター・C戦に出場するかどうかは、現時点で不明。同メディアでトッテナムの番記者を務めるチャーリー・エクルシャール記者は、「マンC戦への出場は可能ではあるが、非常に限られた準備期間しかない」と指摘している。

 また、同メディアはトッテナムの新加入選手の情報について、次のように伝えている。

 6日にアタランタから4700万ポンド(約72億円)の移籍金で加入したアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロは、ひざに問題を抱えていたため、8日に行われたプレシーズンマッチのアーセナル戦(◯1-0)は欠場。ただ、すでにピッチ上での練習を再開しており、早期の回復が期待されているようだ。

 移籍金2160万ポンド(約33億円)とエリク・ラメラの譲渡によってセビージャから獲得したU-24スペイン代表FWブライアン・ヒルは、7日まで東京オリンピックに出場していた。21年ぶりの銀メダル獲得に貢献した逸材ウインガーは、10日にトッテナムの練習場ホットスパー・ウェイに到着するという。

関連リンク

  • 8/9 23:13
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます