勘違い禁物!男が本命じゃない女にするスキンシップ

拡大画像を見る


男性からスキンシップされると「好かれてるかも」と感じますよね。スキンシップされるからといって、必ずしも好意があるわけではない様子。ここでは、男性が本命ではない女性にするスキンシップを4つご紹介します。


会話の流れで手を触る

男性が会話の流れで手に触れるのは、女性慣れしている証拠でしょう。「手が小さいね!」「ネイル綺麗だね、見せて」と言いながら触れるのは、単純にコミュニケーションを楽しんでいるだけかも。またはさりげないボディタッチで、女性をその気にさせようとしている可能性も。


フェザータッチで触れる

遊び相手の女性には、いやらしさを感じさせるボディタッチをする男性がいます。肩や腕に何気なく触れるとき、いつもフェザータッチで触る男性には要注意です。ゾクッとするような触り方をするのは、やましい気持ちがあるからでしょう。下心を持ってあなたに接している可能性がありますよ。「あわよくば体の関係になりたい」と思っているのかもしれません。


話しかけるときにボディタッチする

「ねえねえ!」と言ってボディタッチする男性はいませんか?話しかけるときに体に触れるのは、深い意味がないボディタッチといえそうです。そんな男性は、誰にでも同じスキンシップをしているでしょう。話しかけるときのボディタッチが癖になっている可能性もあります。


その場のノリでスキンシップする

男性の態度に「ノリでスキンシップしているんだろうな」と感じることもありますよね。実際にその場の空気に合わせて、ボディタッチする男性も多いです。イジられたときやツッコミを入れるとき、さりげなく体に触れるケースなどが挙げられます。ノリのいい男性に多いスキンシップといえます。
今回は、男性が本命ではない女性にするスキンシップを4つご紹介しました。どんなスキンシップが脈ナシなのかを知れば、恋愛を進めるのに役立てられますよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/9 14:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます