安達祐実、「アニー」オーディション映像に“あの人”を想起する視聴者続出

拡大画像を見る

 8月3日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)にゲスト出演した安達祐実が、8歳の頃に受けたミュージカル「アニー」のオーディション映像が話題になっているようだ。

 現在39歳の安達は芸歴を質問されると「38年」と即答。すぐさま、番組にレギュラー出演している現在56歳のヒロミが「俺の芸歴35年」と言うと、スタジオは笑いに包まれた。そんな中で披露されたのが、これまで未公開だった前出の「アニー」オーディション映像。ウエーブのかかった髪をポニーテールに結び、黒いレオタードを着た8歳の安達は、音感やリズム感がいいとは言いがたい「トゥモロー」を歌唱。さらに手足を横にパッと出す、個性的すぎるダンスも披露していた。

「番組ではお笑いコンビ・チョコレートプラネットの松尾駿が、そのダンスをすぐにモノマネしたのだが、ネット上では『井森美幸の伝説のダンスと並ぶ破壊力』という声が相次ぎました。井森といえば『ホリプロタレントスカウトキャラバン』のオーディションで披露した、水色のレオタードを着て個性的なダンスをする映像が有名です。ダンスそのもののおもしろさもさることながら、若かりし頃の井森の必死さやぎこちなさはかわいらしく、事あるごとにこの映像は多用されてきました。『おそらく安達の「アニー」オーディション映像も井森のレオタードダンス映像と同様に、今後は多用されるに違いない』というのがネット民の予想のようです」(女性誌記者)

「アニー」のオーディションは「3回受けて3回落ちました」と明かした安達。だからこそ現在の安達があると言えるのでは。

関連リンク

  • 8/9 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます