室龍太主演・高田翔主演、舞台「春風外伝」6年ぶりに再演決定

【モデルプレス=2021/08/09】ジャニーズ事務所所属の室龍太と高田翔が、10月21日~25日に新国立劇場中劇場に上演される舞台「春風外伝2021」に出演することが決定した。

◆ごった煮芝居“ジャンク歌舞伎”「春風外伝2021」

14年、15年に上演された舞台『春風外伝』は、時代劇の魅力をふんだんに盛り込みつつも、タップ、ラップ、ストンプなど現代のパフォーマンスを巧みに融合した演出で好評を博した。1680年代、質素倹約を実施し、強い規制により天下泰平を目指した八代将軍吉宗と、対照的に、倹約令を無視し規制を緩和する事で国を盛り上げようとした尾張藩の藩主徳川宗春。本作はライバル関係だったと言われているこの二人の藩主の物語を大胆にアレンジ。ハイレベルなプレイヤー達とスタッフ陣で2021年再び新感覚のエンターテインメント作品を届ける。

◆室龍太主演に決定 6年ぶりに待望の再演

脚本は前回に引き続き、劇作家・脚本家で劇団ホチキス代表の米山和仁。演出は、シチュエーションコメディーを得意とし、今作からの参加となる野坂実が務め、女将軍吉宗と宗春の対立をよりドラマティックに、より大胆に演出する。また振付に、近年話題の作品に次々と参加し、演劇的な世界観を創り出すことに定評のある梅棒が決定。新国立劇場中劇場で、梅棒の振付によってよりダイナミックに、よりエネルギッシュにパワーアップした2021年版の『春風外伝』を届けていく。

主演は、舞台での活躍目覚ましく、今作が今年6作目の舞台出演となる室。ほか出演に、元宝塚歌劇団星組男役スターの麻央侑希、舞台出演を重ね、確かな演技力の高田をはじめ、声優の櫻川めぐ、倉知玲鳳、お笑いコンビ南海キャンディーズの山崎静代、エンタテイメント集団“THE CONVOY”の石坂勇、レジェンドステージお馴染みの俳優陣など様々なジャンルからキャストが集結した。

歌舞伎を起点とする日本人のDNAに刻まれた、時代劇の文化。大立ち回りやあでやかな着物姿、ど派手な舞台転換など、時代劇の舞台は日本人を熱くさせる。二転三転する奇抜なストーリーに、現代のパフォーマンスを組み込んだ圧倒的なスピード感とエネルギーで魅せる圧巻のパフォーマンスを、アクション、殺陣、ダンスと各ジャンルに秀でたキャストで送る本作に注目だ。(modelpress編集部)

◆室龍太コメント

皆様、初めまして室龍太です。この度、『春風外伝』で主演を務めさせていただく事になりました。このお話をいただいた時、凄く嬉しかったです!というのも時代劇が本当に大好きで、小さい頃からよく撮影所に観に行ったりしてました。そしてこの作品はアクション、殺陣、ダンスと今までジャニーズで学んできたことを充分に発揮出来る作品だなと思います。

まだまだ厳しい状況下の中かも知れませんが、観に来てくださる方々に楽しんでいただけるように作品に携わる全ての方々と力を合わせて、良い作品をお届けしたいと思います。同じジャニーズの仲間である高田翔とも初共演なのでそちらも楽しみです。お時間ありましたら是非!

◆高田翔 コメント

こんにちは。『春風外伝』に出演させていただく高田翔です。とてもとても、楽しみです。室龍太さんと共演させていただくこと、演出家の野坂実さんとは2回目ということ、そして新国立劇場に立てること。すごく嬉しいです。まだまだ落ち着かない状況ではありますが、細心の注意を払いながら、無事に千秋楽を迎えられるよう努めてまいります。ぜひ、劇場でお待ちしております。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/9 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます