ゆきぽよ、“透けパッド私服”と“リバウンド近影”にネットざわつく「大阪のおばちゃん」

拡大画像を見る

 8月9日付のNEWSポストセブン』が、タレントのゆきぽよ(24)の近況を写真つきで報じている。

 2017年に参加した恋愛バラエティ『バチェラー・ジャパン』(Amazonプライム・ビデオ)をきっかけにブレークを果たし、昨年までは“令和のギャルクイーン”として各種メディアに引っ張りだことなっていたゆきぽよ。しかし、1月21日発売の『週刊文春』(文藝春秋)により、2019年に親密な関係にあった男性が彼女の自宅で薬物を使用し、緊急搬送されたのちに逮捕されていたことや、彼女の自宅にも家宅捜索が入り、自身も尿検査を受けていたことが明らかになり、以降はメディア露出が激減してしまった。

「彼女は一連の報道でついた“ドラッグ”“ヤンキー”といったイメージを払拭するのに必死で、髪をダークトーンにして清楚な雰囲気を出してみたり、インスタグラムを通じて“ギャル卒”を匂わせたりと、再出発に向けて試行錯誤してきました。

 5月25日には光文社から『はじめまして。』というタイトルの3rd写真集を発売しましたが、売れ行きはイマイチ。ライザップのダイエットで肉体改造した“無修正ボディ”&背水の陣で臨んだわりに、脱ぎっぷりが足りなかったことが敗因かもしれません。インターネットテレビにはちょこちょこ姿を見せているものの、いまだ地上波への復帰はかなわないままですね」(女性誌記者)

 そんな彼女の最新近影がとらえられたのは、“眠らない街”東京・池袋だという。

■“ギャル度MAX”な私服にネット上の反応は……

「《ゆきぽよ「池袋のドラッグストア」前で見せたド派手な私服姿》というタイトルどおり、髪をポニーテールに束ねたゆきぽよが個性的な私服で夜の池袋を闊歩する様子が詳報されています。白のレースキャミにパーカーを羽織り、パイソン柄のピタピタパンツ、ピンクのサンダルを合わせた人目を引く格好とあって、記事では“ギャル度はMAX”などと評されています」(前出の女性誌記者)

 この報道が出ると、ネット上ではゆきぽよの私服センスが話題に。“大阪のおばちゃんと同じ”“ヤンキー丸出しって感じ”“その服、どこで売ってるの…”“外に出るならもう少しましな格好したら良いのに”といった少々厳しめの声のほか、胸のパットが透けているように見える大胆なキャミソールについても、“この変なキャミはなんだろう”“パットが透けてるのが気になる”とツッコミの声が相次いでいる。

■ライザップのペナルティは?ゆきぽよの“ぽっちゃりボディ”への指摘相次ぐ

 また、比較的ボディラインがわかりやすいコーディネートということもあってか、“ライザップした割にはぽっちゃり”“ライザップって1年間は体型維持させないとペナルティがあるって聞きましたが、これはペナルティ発生してますよね?”とリバウンドを指摘する声も上がっている。

 このように騒動以降は苦境に立たされているゆきぽよだが、インスタグラムは8月9日現在で79.9万人のフォロワーがおり、公式YouTubeチャンネル『ゆきぽよTV!』も34.6万人の登録者数を抱えるなど、今もインフルエンサーとして若者世代に一定の影響力を誇っている。

関連リンク

  • 8/9 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます