モロッコの美味しそうなパンがつなぐ2人の女性の苦悩と自立を描く『モロッコ、彼女たちの朝』

拡大画像を見る

私は行ったことのない国の食文化や、そこで暮らす人々の生活を知ることができる海外作品がとても好きです。モロッコといえば『カサブランカ』を思い浮かべますが、それは背景がフランス領の頃の米国映画でした。今回モロッコ製作の、モロッコの人々を描いた映画がついに日本初公開されます。

 

『モロッコ、彼女たちの朝』

 

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

 
8月13日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions
監督・脚本:マリヤム・トゥザニ(長編初監督)
出演:ルブナ・アザバル(『灼熱の魂』『テルアビブ・オン・ファイア』)
   ニスリン・エラディ ほか
製作・共同脚本:ナビール・アユーシュ(『アリ・ザウア』)
2019年/モロッコ、フランス、ベルギー/アラビア語/101分/1.85ビスタ/カラー/5.1ch/英題:ADAM/日本語字幕:原田りえ
提供:ニューセレクト、ロングライド
配給:ロングライド
 
 

 
 
概要:
2019年のカンヌを皮切りに世界中の映画祭で喝采を浴び、女性監督初のアカデミー賞モロッコ代表に選出。
日本で初めて劇場公開されるモロッコの長編劇映画。

ストーリー:
臨月のお腹を抱えてカサブランカの路地をさまようサミア。イスラーム社会では未婚の母はタブー。美容師の仕事も住まいも失った。ある晩、路上で眠るサミアを家に招き入れたのは、小さなパン屋を営むアブラだった。アブラは夫の死後、幼い娘のワルダとの生活を守るために、心を閉ざして働き続けてきた。パン作りが得意でおしゃれ好きなサミアの登場は、孤独だった親子の生活に光をもたらす。商売は波に乗り、町中が祭りの興奮に包まれたある日、サミアに陣痛が始まった。生まれ来る子の幸せを願い、養子に出すと覚悟していた彼女だが……。(公式サイトより)
 
 

 
 

 

モロッコの女性の現状

 
モロッコを舞台にした映画は、『カサブランカ』(米)のほか、『知りすぎていた男』(米)や『シェルタリング・スカイ』(英)などがありますが、モロッコ製作の長編劇映画は『モロッコ、彼女たちの朝』が日本で初めて劇場公開となる作品だと知り、観ることができて良かったと思いました。

本作は、モロッコで暮らす女性2人が主人公。
パン屋を営むシングルマザーのアブラと、訳アリの未婚の妊婦サミア。
 
 

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

 
 
モロッコでは婚外交渉と中絶が違法で、未婚の母は社会保障を満足に受けられないそうで、サミアは実家を出て行く当てがない様子。

さらに、夫と死別した女性も、家父長制が根強いモロッコでは社会的地位の低さに苦しむのが現実だそうで、アブラは最愛の夫を亡くして悲しみの中にいるのに、彼女は“普通”からはみ出したと見なされています。

そんな風に周囲から厳しい視線を向けられるアブラとサミアという2人の女性が出会い、心を通わせるようになり、彼女たちは前を向いていくようになるのです。

2人の間に入って、愛らしく絆を結んでいくのは、アブラの一人娘のワルダ。
 
 

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

 
 
ワルダは賢い女の子で、女手一つで育ててくれる母アブラの言いつけを良く守り、勉強も熱心に頑張っていますが、サミアと一緒に暮らすことになったことが嬉しく、これまで母に甘えるのを我慢してきたかのように、サミアに懐いてはしゃぎます。
無邪気なワルダですが、モロッコで暮らす彼女の未来が明るいものであることを願わずにはいられませんでした。
 
 

 

モロッコの人々の生活

 
『モロッコ、彼女たちの朝』を観て、初めてモロッコの女性たちの境遇を知ることができました。

本作のマリヤム・トゥザニ監督は、過去に家族で世話をした未婚の妊婦との思い出をもとに脚本を執筆。
モロッコの女性が直面する苦悩と自立を描いて、世界中の映画祭で高く評価され、女性監督初のアカデミー賞モロッコ代表に選ばれました。

本作はカサブランカのメディナ(旧市街)が舞台で、入り組んだ街の住居にカメラが入り込み、幾何学模様が美しいインテリアの中の、たくさんのクッションで飾られたソファ、色鮮やかなタイルが張り巡らされたリビング、そして劇中サミアがパンを焼きに行く地元民が利用する共同窯など、そこで暮らす人々の生活が映し出されます。
 
 

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

 
 
トゥザニ監督は、フェルメールやカラヴァッジョといった西洋画家に影響を受けたそうで、質感豊かな色彩と光で親密なドラマを描き出しています。
 
 

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

 
 
また、異国情緒漂うアラビア音楽も印象的。
アラブ世界を代表する女性歌手ワルダのヒット曲で、情熱的な愛の歌「Batwanes Beek」(「あなたが一緒にいると最高に幸せよ」)は、ストーリーの重要なカギとなっています。
アブラが好きな歌手ワルダの名前が、愛娘に付けられたという設定も微笑ましいです。
 
 

 

モロッコの美味しそうなパン

 
『モロッコ、彼女たちの朝』は、アブラが営むパン屋が舞台なので、モロッコのパンがたくさん登場するのが魅力的です。
 
 

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

 
 
モロッコは、1日3食、パンを食べるパン文化の国だというのを知ったのも、この映画がきっかけとなりました。

数あるパンの種類の中で、作るのに手間暇がかかるため、アブラが販売をやめていた「ルジザ」をサミアが作ったことで、物語が動くのですが、とても珍しい形状で、非常に興味を引かれました。
 
 

8.13公開『モロッコ、彼女たちの朝』本編映像/モロッコの消えゆく伝統の味「ルジザ」を作る

 
 
サミアはパン作りが得意で、居候させてくれているアブラへの恩返しとして、次々とパンを作り、店は活気づきます。
 
 

8.13公開『モロッコ、彼女たちの朝』本編映像/ 踊るようにお菓子作り

 
 
本作では、「ハルシャ」(マフィンに近いイメージ)や「ムスンメン」(クレープっぽい)といった様々なモロッコのパンを見ることができ、「ルジザ」も含め、どれもすごく美味しそうです!
ぜひ食べてみたいので、いつかモロッコに行きたいと思いました♪
 
 

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

 
 

 

自分らしく生きようとする女性たち

 
アブラとサミアが出会ったことで、孤独だった母娘2人の生活に光がともり、夫の死後、娘のワルダとの生活を守るために心を閉ざして働き続けてきたアブラも笑顔を取り戻していきます。
 
 

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

 
 
そして、自分一人でどうにかしなければと、やはり孤独を抱えていたサミアも、自分らしく生きる決断をします。
 
 

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

 
 
彼女たちが迎える朝の景色とは……?
 
 

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

 
 
2人の女性が新しい人生へと歩き出す姿を描く『モロッコ、彼女たちの朝』は、8月13日公開です。
 
 

©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions

 
 

モロッコ、彼女たちの朝

モロッコ、彼女たちの朝

2019年/モロッコ=フランス=ベルギー/101分

作品情報 / レビューはこちら

関連リンク

  • 8/8 14:54
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます