この人と結婚したら大変そう…不安を感じる「彼氏の趣味」

ステキな彼女がいても、簡単に足を洗えないのが「趣味」の世界。自分では「理解を得てるから問題ないはず…」と思っていても、実は将来を心配されているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性96名に聞いたアンケートを参考に「この人と結婚したら大変そう…不安を感じる『彼氏の趣味』」をご紹介します。

【1】自分より優先されたら穏やかではいられない「アイドルの追っかけ」
「推しメンの誕生日イベントには駆けつけても、家族の誕生日はスルーしそう」(20代女性)というように、あまりに熱烈なアイドルファンだと、妻子の存在を二の次にしそうだと疑われるようです。「彼女第一」を肝に銘じて、イメージの回復に努めましょう。

【2】旅気分で付き合ってみてもさっぱり魅力が感じられない「鉄道」
「家族旅行がすべて鉄道がらみになるのかと思うと、いまからウンザリ…」(20代女性)というように、相手に楽しみを共有してもらえない場合、「鉄オタ」も厳しそうです。幼少期からの趣味でも、彼女を想うなら愛好の仕方を変える必要があるかもしれません。

【3】同じ部屋にいるのにおちおち話もできない「ゲーム」
「私が育児に追われる間も旦那はゲーム三昧…とかになりそうでゾッとする!」(10代女性)というように、ゲームにのめり込む姿は、「家事をしないダメ夫」を想像させるようです。一人のときしかやらないなど、「けじめ」を見せて禁止だけは免れたいところです。

【4】栄養管理について細かく注文を出されそうな「過剰な筋トレ」
「鍛えるのはいいけど、夫の分だけ別メニューを作らされたらめっちゃ面倒」(20代女性)というように、トレーニングも程度によっては煙たがられるようです。ただし、食事の支度のみならずウェアや道具の管理なども自分でやるなら、反対まではされないでしょう。

【5】将来的な健康被害を思うと恐ろしくなる「ラーメン食べ歩き」
「毎回スープまで飲み干してて、これで成人病にならなかったら人体の奇跡だと思う…」(20代女性)というように、体に悪影響を及ぼしそうな趣味も、彼女を不安にさせるでしょう。普段の食生活には気を配ってみせて、健康維持に努めていることをアピールしたいところです。

【6】隙間時間を見つけては足しげく通っているらしい「パチンコ」
「『いまどこ?』と聞くとだいたいパチンコ…。とても将来を託す気になれない」(20代女性)というように、頻繁にパチンコ店に出入りする男性は、経済観念を疑われてしまうようです。たとえ儲けていても、時間を減らさない限り安心してもらえないでしょう。

【7】部屋を圧迫し、インテリアを台無しにする「萌え系フィギュア収集」
「キモすぎ!もし結婚しても新居には持ち込ませない!」(10代女性)というように、美少女モノのフィギュアに理解を示してくれる女性は少ないでしょう。部屋のイメージを損なうと判断されたら、たとえ1体でも保管しておくことは許されないかもしれません。

【8】お金がかかる上に微塵もカッコいいと思えない「車の改造」
「これまでの費用を聞いて驚愕!結婚するならお小遣い制にして家計を守らないと!」(20代女性)というように、実用とは無関係なカスタマイズは、「浪費」だと一刀両断されそうです。結婚しても続けたいのなら、自分のお金とスペースが確保できるようになってから再開するのが賢明でしょう。

【9】一線を越えたら人生が台無しになってしまう「競馬などのギャンブル」
「深みにはまって多額の借金でも作られたら、地獄を見そう…」(20代女性)というように、ギャンブル好きの彼氏に「危うさ」を感じる女性は多いようです。いまは単なる遊びでも、将来溺れる可能性がないとは言い切れないので、「安心」を保証するのは難しいでしょう。

趣味も彼女も両方手に入れられれば最高ですが、そううまくはいかなそうです。「究極の選択」を迫られる前に、対策を練っておきましょう。(安藤美穂) 【調査概要】 期間:2015年4月10日から17日まで 対象:合計96名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/9 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます