亭主関白・二面性…経験者が語る「ダメ男にありがちな特徴」とは?

付き合う前は輝いて見えたのに、付き合ったとたん実はヤバい男だとわかったときのショックは大きいですよね……。
そこで今回は、浮気男やヤバい男と実際に付き合った人だからわかる「ダメ男の特徴」を特集してみたいと思います! 自分の彼に当てはまらないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

1. とにかく忙しいアピール

「同棲していたとき、家事を何もしてくれなくて指摘すると『俺は忙しいんだからそれくらいしてよ』といつも言ってきていた元カレ。私がサボるといつも怒ってきて、ムカついたのでプロポーズはお断りしました」(20代/会社員)

▽ 同棲や結婚をするとわかる、普段のだらしなさ。家事をしない亭主関白気取り男は、仕事を言い訳にして何かと家事を押し付けてきたり、相手のせいにしようとしたりする特徴があるようです。
共働きなのに相手に家事をやらせる男は、のちに自分の首を絞めることになりかねません!

2. 自分の価値観を押し付けてくる

「『普通はこう思う』というセリフで、いつも自分の価値観を押し付けられていました。好きだった頃は自分を持っていると勘違いしていましたが、今思えばモラハラ男だったと思います」(20代/フリーター)

▽ 自分の価値観が正しいと考えているモラハラ男は、何かと考えを押し付けてきます。お互いの価値観を尊重し合えない人は、一緒にいてもケンカが続きそう……。

3. 外面がいい

「普段はだらしないダメ男って、彼女の家族や友人の前だととてもいい彼氏を演じようとする人が多いと思います。二面性があるというか……」(20代/事務職)

▽ 普段だらしない男が外面をよくするのは、やっぱり自分自身でだらしないことを自覚しているということでしょうか? 周りに愚痴を言っても、信じてもらえないなんて悔しいものです……。

4. 束縛が激しい

「とにかく束縛が激しくて、連絡を返さないと家まできたり怒られたりしていました。でも実際は彼が浮気をしていて。浮気している奴ほど束縛するんだな~と実感しました」(20代/会社員)

▽ 浮気をしている人ほど相手を信用できずに束縛が激しくなると言いますよね。浮気男の多くがこの特徴に当てはまるんだとか。必要以上に干渉してくる男には要注意です!

5. 相手が悪いと言いくるめる

「モラハラやDVをしてきていた元カレは、私が何か思ったことを伝えても最終的には私が悪いという流れに持っていくのがとても上手でした。その頃は洗脳されて、『私がダメだからなんだな~』と思っていました」(20代/主婦)

▽ DV男の特徴といえば、相手が悪いような流れを作るのがとても上手なこと。嫌なことをアピールしても、なぜだか最後には自分が悪かったと思ってしまうようです。暴力や暴言は相手を見下している証拠なので、どんな理由であれこんな男とはすぐに離れましょう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/8 21:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます