古橋亨梧、圧巻3得点でMOM選出!…地元紙も絶賛「新たなヒーローが生まれた」

拡大画像を見る

 セルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧が、8日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)第2節のダンディーFC戦でハットトリックを達成。本拠地デビュー戦で6-0の大勝に導く活躍を見せ、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。

 リーグ戦初先発となった古橋は20分にリーグ戦初得点となる先制点を決めると、25分に追加点を挙げて前半だけで2ゴールを記録。 67分にも自身3点目を挙げてハットトリックを達成した。本拠地セルティック・パーク初出場で圧巻の活躍をみせてホームのファンを沸かし、今季リーグ戦初勝利に大きく貢献した。

 スコットランドの地元紙『ヘラルド』は古橋のパフォーマンスを絶賛。同試合のレポート記事で「セルティック・パークに新たなヒーローが生まれた。その名はキョーゴ・フルハシだ」と記し、冒頭部分をふんだんに使って古橋についてつづった。

「日本人ストライカーはまだ加入して間もないが、もしダンディーFC戦でのパフォーマンスが今後を予感させるものなら、セルティックのサポーターが彼らの潜在的なスターに興奮するのは当然のことだ」と今後の活躍に期待を寄せた。

 また、同クラブのレジェンドであるMF中村俊輔(現・横浜FC)の名前を出しつつ、「フルハシがグラスゴーに来た時点で、同胞のシュンスケ・ナカムラとの比較は避けられなかった。だが、フルハシは(中村と)大きく異なった選手であるだけではなく、自分の力で名を成せることを十二分に示した」とポテンシャルを称賛。

 さらにハットトリックだけではなく、守備でのハードワークも称えた。「ホームのサポーターを熱狂させたのは、フリック、フェイント、動き、運動量といった彼のオールラウンドなプレーだった。彼は前線からプレスをかけ、ダンディーFCの守備陣の前に飛び込み、エネルギーの塊のような選手だった」

 現在26歳の古橋は今夏にヴィッセル神戸からセルティックに移籍。7月31日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ開幕節のハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)戦に途中出場し、新天地デビューを飾った。その5日後の8月5日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選のヤブロネツ(チェコ1部)戦では移籍後初先発で初ゴールを決めていた。

 セルティックは次戦、13日にEL予選3回戦セカンドレグでヤブロネツをホームに迎える。

関連リンク

  • 8/9 5:34
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます