10人のフランクフルト、3部に完敗でポカール1回戦敗退…鎌田は決定機生かせず

拡大画像を見る

 DFBポカール1回戦が8日に行われ、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトは3部ヴァルトホーフ・マンハイムと対戦した。鎌田は先発出場し、ベンチスタートの長谷部は後半開始から出場した。

 マンハイムは27分、敵陣中央でのフリーキックからペナルティエリア内へと送られたボールにマルセル・ジーゲルトが左足ダイレクトで合わせたが、惜しくも枠の上。40分にはペナルティエリア手前左寄りの位置で獲得したフリーキックをマルク・シュナッテラーが直接狙うが、相手GKケヴィン・トラップの好セーブに阻まれた。

 ボールを握りながらも攻めあぐねる展開が続くフランクフルトは43分、左からのクロスに鎌田が頭で合わせたが、わずかに枠の左へと外れる。対するマンハイムは44分、立て続けにビッグチャンスを迎えたが、2度ともトラップのスーパーセーブに遭いネットを揺らせない。

 スコアレスで折り返すと、48分にマンハイムが先制点を獲得する。左コーナーキックからニアに速いボールが送られると、飛び込んだジーゲルトが頭で合わせて流し込んだ。

 マンハイムは52分にリードを広げる。ドミニク・マルティノヴィッチがペナルティエリア手前でのドリブルで溜めを作り、フリーになったジョセフ・ボヤンバにスルーパスを供給。ボヤンバはループシュートで飛び出してきた相手GKトラップとの一対一を制した。

 すると62分、フランクフルトのマルティン・ヒンテレッガーが2枚目のイエローカードで退場。フランクフルトは数的不利で残り時間を戦うことになった。

 試合はこのまま終了し、2点のリードを守り切ったマンハイムが2017-18シーズンの王者を下すアップセットを起こして1回戦を突破した。2回戦の組み合わせ抽選会は9月5日に行われ、10月26日〜27日に開催される。

【スコア】
ヴァルトホーフ・マンハイム 2-0 フランクフルト

【得点者】
1-0 48分 マルセル・ジーゲルト(マンハイム)
2-0 52分 ジョセフ・ボヤンバ(マンハイム)

関連リンク

  • 8/9 0:23
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます