金メダル獲得の38歳D・アウヴェス、キャリア通算タイトルは43個目…指揮官も称賛

拡大画像を見る

 オーバーエイジ(OA)として東京オリンピックに参加し金メダルを獲得したDFダニエウ・アウヴェスは、キャリア通算43個目のタイトル獲得を達成した。7日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同日に行われた同大会決勝戦に臨んだU-24ブラジル代表は、延長戦の末U-24スペイン代表に2-1で勝利。2016年リオデジャネイロ大会に続く、2大会連続の金メダルを獲得した。

 若きブラジル代表のキャプテンを務めた38歳のD・アウヴェスは、これまでバルセロナやユヴェントス、パリ・サンジェルマンなどヨーロッパのトップレベルでも活躍。そして、今大会でキャリア通算43個目のタイトル獲得を決めた。なお、同選手は延長戦2試合を含めた6試合で600分という大会フルタイム出場も達成している。

 U-24ブラジル代表のアンドレ・ジャルディン監督は、D・アウヴェスについて「彼は驚くべき肉体を持っている。そして非常に経験が豊富で、全ての判断が明確だ。彼は全ブラジル人選手のお手本と言えるだろう」とコメント。現在はブラジルのサンパウロに所属し、衰えの知らない同選手の存在を称えている。

関連リンク

  • 8/8 17:47
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます