せっかく好きなひとがいるのに...恋愛でストレスを感じる瞬間4選!

拡大画像を見る


恋愛でストレスを感じたことがありませんか?恋愛をしていないとそれはそれでストレスになったり、恋愛がしたいと思うようになったりするのに、いざ恋愛をするとストレスがあるなんて矛盾しているようにも感じますよね。
そこで今回は、恋愛でストレスを感じる瞬間について紹介したいと思います。ストレスを把握して恋愛を上手にしていきたいですね。


片思いが長い

片思いが長いということは、自分の願いが叶っていない状態が続いているということです。「これ以上どうしたらいいの?」「もう想っていても時間の無駄なのかな?」などのようにだんだんとネガティブになってくるでしょう。
うまくいかないことのほうが多いと感じるのが片思いになるとストレスですよね。少しずつイライラして「もう付き合ってくれてよくない?」と相手に言いたくもなるでしょう。


都合のいい相手になってしまう

好きだから都合のいい相手でもいいと思えるのは最初のうちだけです。やはり欲が出てきて好きだから付き合いたいと思うようになるでしょう。都合のいい相手になって時間が経過することでどんどんストレスを感じるようになります。
普通の片思いより少し相手との距離が近く感じる関係ではあるため、よりうまくいかないことにストレスが溜まってしまいますよね。


相手の気持ちが全く分からない

「今日は優しくて距離を縮められたから少しは意識してくれているのかな?」と思いきや、次の日には全く関わりがなくて自信をなくすなどのように、相手の気持ちが全く分からないと感じるとき、恋愛では大きなストレスを感じることになるでしょう。
何を考えているか分からないから恋愛は楽しいと言う人もいますが、多少は相手の気持ちが分かっていないとイライラしたり戸惑ったりするものです。どちらかというと手に取るように分かったほうが楽でストレスはないですよね。


幸せだと思えない

周りのカップルや、片思いをしている友達を見ていると「恋愛していて幸せなんだろうな......」と感じるのに、自分の恋愛は幸せだと思えないと感じたときストレスを感じるでしょう。
幸せだと思えない理由は、思い通りにならない、恋愛相手がわがままなど様々です。なんだか自分だけが恋愛で苦労しているように感じるとストレスが溜まり恋愛そのものを辞めたくなることもあるでしょう。


恋愛にはストレスもつきもの?

恋愛をしていると多少のストレスはつきものです。しかし、ストレスを乗り越えられる素敵な恋愛をしたいですよね。(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/8 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます