彼氏と大ゲンカ!「仲直りデート」で行きたい場所9パターン

カップルにケンカはつきものですが、彼氏を嫌いになったわけでないのなら、一刻も早く甘いムードを取り戻したいところです。二人の絆を改めて確認し合いたければ、どんなところにデートに出掛けるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼氏と大ゲンカ!『仲直りデート』で行きたい場所」をご紹介します。

【1】散歩しながらゆっくり話し合える「川の土手」
「川の流れを見ていると心がなごんで、最後は手をつないで帰れそうな気がする」(10代男性)というように、のどかな雰囲気の水辺をそぞろに歩くだけで、二人の気持ちも穏やかになりそうです。とはいえ、無目的に歩くと手持無沙汰になりがちなので、周辺のカフェなどをあらかじめ調べておくのがよいかもしれません。

【2】ひいきチームを一緒に応援できる「スポーツ観戦施設」
「最初は会話もなかったけど、ゴールシーンでハイタッチしてからは笑顔で話せた」(10代男性)というように、高揚感を共有できるスポーツ観戦は絆を取り戻すきっかけになるようです。ただし、敵対するチームのファン同士だと、新たないざこざを生んでしまうので、同じチームを応援できるのが原則でしょう。

【3】頭を真っ白にして楽しめる「テーマパーク」
「テンションが上がって、あっという間に仲直り!」(10代男性)というように、童心に返って楽しめるテーマパークに足を運べば、夢中になるうちに仲直りできるかもしれません。しかし、大行列や悪天候などに遭遇したら、ストレスで険悪なムードになりそうなので、スケジューリングには万全を期しましょう。

【4】つまらないケンカの理由も吹き飛ぶ「緑豊かな草原」
「だだっ広い景色を見ていると、仲たがいのきっかけも小さく思える」(20代男性)というように、大自然が気まずさを吹き飛ばしてくれることもあります。移動時間が長くなるときは、無言タイムもキツいので、電車や車中での過ごし方を考えておくといいでしょう。

【5】ストレスを発散しながら、ラブソングで気持ちを伝えられる「カラオケボックス」
「個室で物理的に距離が縮まるので、すぐラブラブな感じになった(笑)」(10代男性)というように、「個室」と「歌」で親密さを増せそうなカラオケボックスも有効なスポットのようです。ここはぜひ、彼女に刺さるラブソングをセレクトしたいところです。

【6】本音をバシバシ言い合える「にぎやかな居酒屋」
「お酒が入るとぶっちゃけモードになれる」(20代男性)というように、カジュアルな居酒屋で普段の二人を取り戻す方法もあります。周囲がにぎやかだと話しながら自然に顔を寄せ合えるので、適度に混み合ったお店を選ぶとよさそうです。

【7】ラブストーリーを観れば甘いムードを取り戻せる「映画館」
「そっと手を握られたので、付き合いたてのようにドキドキした」(10代男性)というように、暗いところでずっと隣に座り続ける映画館は、恋愛初期のときめきを思い出すのに好都合な場所かもしれません。ハッピーエンドの作品を選べば、最高の仲直りの場になるでしょう。

【8】余計な言葉はなくても距離が縮まる「夜景スポット」
「周りがカップルばっかりだったので、こっちもつられてラブラブモードに」(20代男性)というように、ロマンチックなスポットで恋愛モードを取り戻すのもよさそうです。お酒が好きな彼氏なら、ビルの高層階のバーなどに誘うのもいいでしょう。

【9】お互いに初心に帰れる「初デートの場所」
「告白したときの気持ちを思い出して愛しくなった」(20代男性)というように、ファーストデートの場所にもう一度行けば、彼氏も初心を思い出してくれるかもしれません。付き合いたてのころのエピソードを振り返るなど、さりげなく誘導しましょう。

仲直りデートのポイントは「本音」と「初心」がポイントになるようです。普段は受け身でも、このときばかりは彼氏をリードしてみましょう。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/8 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます