アート界の異端児、バンクシーの傑作群を日本オリジナルの切り口で紹介する展覧会、8月21日から

拡大画像を見る

 「バンクシーって誰?展」が8月21日~12月5日の期間に、寺田倉庫G1ビル(東京都品川区)で開催される。

 「バンクシーって誰?展」は、世界各都市を巡回し人気を博した「ジ・アート・オブ・バンクシー展」の傑作群を、日本オリジナルの切り口で紹介する展覧会。
 プライベート・コレクター秘蔵のオリジナル作品を展示するとともに、バンクシーの活動の主戦場である“ストリート”に焦点を当てて、テレビ局ならではの街並み再現展示で没入空間を体感できる。
 税込の入場料は、平日の前売り券が一般1800円、大学・高校生1600円、中学・小学生1100円、土日祝の前売り券(日時指定)が一般2000円、大学・高校生1800円、中学・小学生1300円、平日の当日券が一般2000円、大学・高校生1800円、中学・小学生1300円、土日祝の当日券(日時指定)が一般2200円、大学・高校生2000円、中学・小学生1500円。未就学児は無料。
 販売期間は、前売り券が8月20日まで、当日券は8月21日~12月5日。なお、10月5日、12日、19日は休館で、土日祝は11時~15時、15時~20時の2部制となる。

関連リンク

  • 8/8 7:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます