アーセナルのMFトーマスが約3週間離脱…チェルシー戦、マンC戦は欠場か

拡大画像を見る

 アーセナルは7日、ガーナ代表MFトーマス・パルティら3選手に関するメディカルレポートを公式サイトで発表した。

 トーマスは1日に行われたプレシーズンマッチのチェルシー戦に先発出場したものの、タックルを受けた際に右足首を負傷。右足首じん帯の損傷と診断され、約3週間の離脱が見込まれている。

 U-21イングランド代表FWエディ・エンケティアは、トーマスと同じく1日のチェルシー戦で負傷。右足首の腫れと診断され、約4週間でトレーニングに復帰できる見込みだ。

 また、U-24ブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイスは、東京オリンピックの活動中に右ひざを負傷。現在診断を受けており、数週間以内のトレーニング復帰を目指している。

 アーセナルは8日にプレシーズンマッチで宿敵トッテナムと戦い、13日にはプレミアリーグ開幕節で昇格組ブレントフォードと対戦。さらに22日には第2節チェルシー戦、28日には第3節マンチェスター・C戦を控えている。トーマスとエンケティアは、これらの試合を欠場する可能性が高そうだ。

関連リンク

  • 8/7 23:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます