プレシーズンで好調維持も…マンU、リンガードの新型コロナ陽性を発表

拡大画像を見る

 マンチェスター・Uは7日、イングランド代表MFジェシー・リンガードの新型コロナウイルス陽性を公式サイトで発表した。

 リンガードは、7日に行われたプレシーズンマッチのエヴァートン戦前の検査で新型コロナウイルスの陽性が明らかになった。同試合を欠場し、現在は政府とプレミアリーグのガイドラインに従って隔離に努めている。

 最後のプレシーズンマッチで4-0の快勝を収めたマンチェスター・Uは、14日にプレミアリーグ開幕節でリーズと対戦。リンガードが同試合に出場できるかは現時点で不透明な状況にある。

 現在28歳のリンガードは今年1月、マンチェスター・Uから半年間の期限付き移籍でウェストハムに加入し、プレミアリーグ16試合の出場で9ゴール5アシストを記録する活躍を見せた。マンチェスター・Uに復帰したプレシーズンでも好調を維持し、7月24日に行われたQPR戦(●2-4)では先制点を挙げていた。

 リンガードは7日に自身の公式ツイッターを更新。「良いプレシーズンだったのに、陽性反応が出てしまって本当に残念だよ。幸いにも体調は良く、すぐにピッチへと戻ってこれると思う。みんなの応援に感謝している」と、現在の心境をつづっている。

関連リンク

  • 8/7 23:37
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます