ピケがSNS更新…バルサ退団の“盟友”メッシへメッセージ「いつか戻ってきてくれると信じている」

拡大画像を見る

 6日にバルセロナ退団が発表されたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて、元スペイン代表DFジェラール・ピケが自身のインスタグラム(@3gerardpique)に惜別のメッセージを綴った。

 ピケにとってメッシは、下部組織時代から同じ時間を過ごしてきた“盟友”。ピケが他クラブでプレーしていた2004年~2008年以外はバルセロナでともにプレーし、数々のタイトルを獲得してきた。

 クラブを象徴する存在だったメッシの、衝撃の退団。チームメイトがそれぞれのSNSでメッシに対するメッセージを綴っているなかで、ピケも6日にインスタグラムを更新し、苦楽をともにした盟友と過ごした日々を懐かしんだ。

「何もかもが同じようになることはない。カンプ・ノウも、バルセロナの街も、そして自分たちも。20年以上クラブに在籍した君が、もうバルサのシャツを着ることはない。ときに、現実はとても厳しいものだ」

「僕たちが出会ったのは2000年、13歳からともに人生を歩んできた。何という人生だろうね。僕たちを産んでくれた母親ですら、これほどの人生を想像できたかな」

「バルサに復帰した僕にとって最初のシーズンにチームは3冠を達成し、君は史上最高の選手となった。ロサリオから出てきた少年が、ローマで伝説になったんだ。その後に成し遂げたことも、ずっと歴史に残るだろう。そして、僕たちはとても素晴らしい時間を過ごすことができた」

「君は新たな旅をすることになったけど、いつか戻ってきてくれると信じているよ。まだまだ一緒にやりたいことがあるんだ。楽しんで。どこに行っても楽しんでほしい。そして、君だけの方法で勝ち続けるんだ。でも、君がいないと寂しいね。I love you Leo.」

関連リンク

  • 8/7 10:59
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます