『仮面ライダー』俳優「22年所属」事務所退社は文春砲余波の「実質クビ」だった!?意外なウラ側

拡大画像を見る

 8月2日、俳優の松田悟志(42)が、22年間所属していた事務所サンミュージックプロダクションからの退所をブログで発表した。

 松田は、02年放送の『仮面ライダー龍騎』(テレビ朝日系)で事実上「もう一人の主人公」と呼べる“秋山蓮 / 仮面ライダーナイト”を演じたことで知られており、今年3月にはnoteにて自伝小説『仮面ライダーのなり方』を連載していた。

 以下、退所を発表した8月2日の松田のブログより抜粋。

《平素より格別のご支援、ご高配を賜り、まことにありがとうございます。

 私、松田悟志はこのたび、1999年のデビュー時より所属しておりました株式会社サンミュージックプロダクションとの契約を満了し、退所させていただく運びとなりました。

 昨年からの生活環境の変化や、新型コロナによる社会情勢の変容に対し、「自分自身も変わって行かなければならない」との思いを抱くようになり、さまざまな挑戦をさせていただいてまいりました。その日々において、今後の進むべき方向について何度もご相談をさせていただく中、この度、人生の次のステージへと向けて優しく背中を押していただきました。》

 と退所の経緯を説明したうえで、

《退所させてただく今日となっても、初めて社屋を訪れ、故 相澤秀禎会長にお会いしたあの日のことを、まるで昨日のことのように思い出します。今年3月にnoteにて発表させていただきました自伝小説『仮面ライダーのなり方』に綴った「サンミュージック愛」と呼んでも差し支えのないような想いの数々につきましても、そこに一切の陰りはなく、本当に、今もって感謝の想いしかございません。

 19歳で上京し、世間のなんたるかもわからない私に、一つ一つ大切なことを教えてくださいました。

 私の生き甲斐とも言える、大切なファンのみなさまと出会わせてくださいました。

 俳優として、表現する者として深く苦悩する時には、いつも隣で力強く支えてくださいました。
その日々のすべてにおいて、心から感謝しています。》

 と、事務所への感謝を語ったうえで、《引き続き「俳優業」をはじめ、さまざまな分野に積極的に挑戦してまいります》

 とのことだった。

■主役以上に人気の仮面ライダーだった

「素の松田は“気さくな関西弁のお兄ちゃん”ですが、その風貌と独特の声質から、クールで不愛想なキャラが本当にハマる役者です。ブレイク作となった『龍騎』でも、真っ黒の長いコートや、これまでの仮面ライダーとは一線を画した変身後のコウモリと騎士を合わせたダークヒーローっぽさのあるデザインなどなど、当時老若男女問わず大人気でした。変身前の“蓮(レン)”という名前も、印象に残る”今風”な名前でしたからね」(特撮ライター)

『龍騎』は、「戦わなければ生き残れない!」をキャッチコピーに、

「13人の仮面ライダー(※3人は映画やテレビSPのみ登場)が望みをかなえるために最後の1人まで殺しあう」

 という前代未聞の作品。脱獄した連続殺人犯や、殺人の隠ぺいを図る汚職刑事などなど「仮面ライダー=正義のヒーロー」という概念を崩した作風は、のちのシリーズに多大な影響を与えた。

「松田演じる蓮は“植物状態の恋人を助けたい”という願いから仮面ライダーになりました。不愛想だし皮肉屋で、なおかつ頑固で喧嘩っ早いため、昔から敵を作りやすく、周囲からは孤立しがちなキャラでした。主人公の『龍騎』こと城戸真司(演:須賀貴匡)との出会いを経て、不思議な友情で結ばれていく様子や、その結末など、多くの名シーンがありましたね……」(前同)

 松田は現在でも、関連商品が発売されれば新規音声収録をしたり、インタビューにも精力的に参加。19年には『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』(ビデオパス)で約16年ぶりに変身前の”蓮”としても顔出しで出演し「ほとんど老けてない!」と話題になったり、仮面ライダーファンからは変わらず慕われている松田だが、今回の退所に、「実は事実上のクビだったのでは」という声が出ているという。

「松田さんは、今年3月25日に“文春砲”を食らっているんです。実は、今回の退所はその影響だというんですが、ちょっと事情が込み入っているんですよね……」(ワイドショー関係者)

■事務所に熱愛関係で不義理を?

 松田は今年『文春オンライン』に、A.B.C-Zの戸塚祥太(34)が座長を務める舞台『未来記の番人』で共演した松村沙瑛子(33)と東京公演の千秋楽前日である3月20日深夜に、一緒にホテルに入る様子を撮影されていた。松田は2015年に結婚し、2人の子どもをもうけたが、2020年8月に離婚。不倫ではなく、大人同士の恋愛が明るみに出た、というような話だったのだが……。

「報道によると、舞台の本番中に松村さんがケガをしてしまい、“心配だからお見舞いに行く”と、松田さんは周囲に話していたといいます。

 松田さんの事務所は、この記事中で取材に対して“宿泊したのは事実です。松村さんと親しくさせて頂いています”と回答していますが、どうもこの報道について、松田さんは当初、事務所に対して違う説明をしていたそうなんです。このことに事務所サイドが“信頼関係が損なわれた”となって、もう松田さんに辞めてもらう、となったというんです。松田さんはブログでも綴っていましたが、彼の事務所愛は強く、今後も事務所に所属していたいと強く要望したそうですが、結果的には叶わなかったと。

 不倫でもないし、いい大人の2人の関係が撮られただけで、22年も所属した事務所を辞める、というのは少々厳しすぎるような気もしますが……。だた、舞台『未来記の番人』は文春オンラインの報道後も、愛知、福岡、大阪での公演があった。コロナ禍にあって関係者の尽力でなんとか公演に至った舞台の公演中に出演者間の熱愛が撮られたことについての批判、そして座長の戸塚さんのファンからは“舞台が変な注目のされかたをして嫌”といった厳しい声が飛んでいましたね」(前出のワイドショー関係者)

 19年に『龍騎』の続編に出演した際、松田は『マイナビ』のインタビューに、

《今回は、特に何もしていないんです。たまたま別の仕事が直前まで入っていて、髪も短くすることができないとか、いろんな事情もあって、昔にビジュアルを寄せていくという作業がなかなか難しかった。そんな中でも僕が蓮として、とにかくその場に"立つ"ということを優先させていただきました。》

 としていたが、作品に登場したのは実に見事な「秋山蓮」だった。

 本人のツイッターによると、今回退所を発表して5分もしないうちに「一緒に仕事がしたい」と、芸能事務所ではないが、ある会社から連絡があったという。やはり、魅力的な人物なのは違いないだろう。

 22年所属した事務所を離れても、また俳優としての飛躍を期待したい!

関連リンク

  • 8/7 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    8/7 14:44

    これもですが電王までは名前を覚えていましたね。連とナイト大抵覚えてますよね。今のライダーは何人もいるから覚えられないですね。彼は顔が浮かびますからね。

  • 仮面ライダー龍騎、秋山連...懐かしいです。でも離婚してたんだぁ?だったら不倫じゃないのに?

記事の無断転載を禁じます