狩野英孝、陣内智則は「憎めない」?【不倫はしたけどなぜか許せる男性有名人】10人

拡大画像を見る

 2019年に『週刊文春』(文藝春秋)の“文春砲”によって、複数の女性ファンとの不倫を暴かれた原田龍二。当時は非難が集中したが、妻の愛さんが許したことや、同年年末の『絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)で、不倫の先輩ともいえる袴田吉彦とともに体を張って笑いを取るという禊をし、世間は原田を許すムードに変わった。

 それから2年が経ち、今度は妻とともにバラエティ番組に出演し始めた原田。7月12日には『しゃべくり007』、7月25日には『行列のできる法律相談所』(ともに日本テレビ系)に立て続けに出演し、不倫当時の家庭での話を赤裸々に語って番組を盛り上げていた。不倫騒動によってテレビから姿を消す人もいれば、原田や袴田のように完全復活を遂げる人もいる。そこで今回は、10~30代の女性100人に「不倫しちゃったけど許せる男性有名人」について聞いてみた。

 第3位には、陣内智則と石田純一が同率ランクイン。

 陣内智則は、2007年に藤原紀香と結婚。今ではすっかり見なくなった結婚披露宴の生放送を行い、平均視聴率は24.7%(関東地区ビデオリサーチ調べ)になるなど、世間の注目を集めた。しかし、2009年に突如離婚。直後の記者会見では、自身の浮気が原因だったと語った。それからしばらく、世間からバッシングを浴びた陣内。2021年6月25日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で当時のバッシングについて、離婚が原因かは不明であるとしつつ、本当に仕事がなくなったと振り返り、浮気ネタでイジられるのも嫌だったと語った。

 陣内を選んだ人からは「復帰後とても誠実にまじめに活躍しているから」(31歳/女性)、「イジられて笑いに変えている。キャラ的にも許せる」(29歳/女性/主婦)、「明るくてトークが面白い。当時は責められてたけどネタに変換できたからいいと思う」(33歳/女性/主婦)、「もうだいぶ前の話だし、人柄なのか、なんとなく許せる」(22歳/女性/主婦)などの理由が挙がった。

 一方、石田純一といえば「不倫は文化」という名フレーズの生みの親で、不倫タレントの元祖的な存在だ。このフレーズが生まれたのは、1996年に長谷川理恵との不倫が発覚した際のこと。当時の妻は松原千明で、長女のすみれを授かっていた。しかし長谷川と8年余に及ぶ交際を続けており、それをスクープされた結果「不倫は文化」が生まれた。しかし同フレーズは、実際に石田が発したものではない。石田によれば、当時のスクープを報じたスポーツ紙の記者が記事の見出しとして用いただけで、言葉が一人歩きしてしまったのだという。この不倫で世間からバッシングを浴びた石田は、仕事が激減。多額の借金を抱えるなどの影響を受けている。

 石田を選んだ人からは「もはやキャラだから。不倫の代名詞」(29歳/女性/総務・人事・事務)、「もうあのキャラが定着してるから何やってもいいんじゃないかと思う」(34歳/女性)、「不倫のイメージしかない。もう文化だから」(35歳/女性/主婦)など、不倫といえば石田という理由を挙げる人がほとんど。他に「性格で許しちゃいそう。何度も不倫やってるのに許されてるようなイメージ」(31歳/女性/デザイン関係)、「憎めないイメージ。何を言われても聞かないと思うから」(35歳/女性/主婦)という理由も見られた。

■許せる理由はキャラや謝罪の姿勢?

 第2位は、狩野英孝。

 キザなホストキャラから一転、おバカなイジられキャラで人気を博している狩野。これまで女性関係の不祥事を何度も起こしており、2012年に最初の妻と結婚していた際、不倫騒動を起こし、それがきっかけで離婚している。また2016年に加藤紗里との交際が報じられたが、それと同時に歌手の岡本真夜との二股疑惑が浮上。当時は独身だったが、その後ネット上で一般女性が狩野との交際を名乗り出て「6股」と報道された。しかし、これについて狩野本人が、昨年10月に自身のTouTubeで「6股じゃなくて8股」と訂正していた。

 そんな狩野を選んだ人からは、「浮気とかしても周囲から許されてるし、もともと人望が厚く真っ直ぐで素直なんだと思う」(39歳/女性/主婦)、「なんかキャラ的に許せてしまう」(28歳/女性/学生・フリーター)、「おバカな感じでスキャンダルも面白いから。芸風にもよるが、時間が経てば、面白く周りが扱ってくれるので生き残れると思う」(19歳/女性/学生・フリーター)、「不倫を含めて面白いキャラになってる」(31歳/女性/主婦)など、狩野のキャラクターを理由に挙げる人が多かった。

 そして第1位は、原田龍二。

 原田は2019年に複数のファン女性とインスタグラムのメッセージ機能でやり取りをし、自家用車で不貞行為を繰り返していた。また現在の妻と結婚前、交際期間中にも何度か浮気をしていたといい、妻から「本当に直らない人ね、病気?」と、叱責されたこともあったという。

 2019年に不倫が発覚後、「NGなし」の記者会見を行い、きわどい質問や厳しい質問にもすべて答え、謝罪。そんな原田の潔い姿勢が、世間でも評価されていた。最近では、バラエティやCMなどで妻とのツーショットが増え、不倫を乗り越えたおしどり夫婦として注目されている。

 原田を選んだ人からは、「奥さんが許しているなら周りがとやかく言う必要はない」(31歳/女性/広報・宣伝)、「なんとなくしっかり謝罪したような印象を受けたから。奥さんの優しさがあるから責められない」(38歳/女性/主婦)、「とことんまで追い詰められたが、その後の家族仲が良さそうだから」(35歳/女性)、「はっきりと認めて謝ったし、不倫後、奥さんを大切にしている感じだから。キャラにも愛嬌があって許せる気がする」(29歳/女性/金融関係)などの理由が挙がり、奥さんの存在の大きさを感じた。

 今回のアンケートでは、不倫したけど許せる人物を挙げてもらったが、回答女性たちからは「不倫自体が許せない」という意見も多数あった。有名人の不倫は、家族のみならず、ファンにも衝撃を与える。芸能界の仕事はイメージが重要な仕事でもある。そのことを肝に銘じて、これからも活躍してもらいたい。

関連リンク

  • 8/7 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます