連絡先を全削除…彼と大ゲンカするとやってしまいがちなこと4つ

普段は仲良しカップルでも、ときには気持ちがすれ違ってうまくいかない日もありますよね。それが大ゲンカに発展すると、ビックリするくらい感情的になってしまうことも! やってしまいがちなパターンを女性の皆さんに聞いてみました。

大ゲンカでやってしまいがちなこと

1. 彼氏を心配させる

・「彼氏と同棲中なので、逃げ場がありません。大ゲンカに発展したとき、わざと『探さないでください』と置手紙をして心配させた。行くところもなくて近所のビジネスホテルに泊まっていましたが……」(派遣社員/20代)

・「彼氏と揉めたあと、『熱が出た』と言ってわざと心配させたことがあります。職場には、『彼氏とケンカしたから急に休んだ』なんて絶対言えない」(秘書業務/20代)

▽ 大人げないと思っても“本当に好きなら心配してくれるはず”と、彼を試したくなってしまいますよね。

2. 友達などを巻き込む

・「本気で彼と別れるつもりで親友に泣きつく。でも、翌朝には何となくスッキリして彼と仲直りしている。最近は、親友もパターンを読んでいるのか放っておかれることも……」(不動産営業/30代)

・「彼と一緒に住んでいるので、ケンカしたら実家に帰るパターン。最初は心配してくれた母親も『これじゃ意味ないでしょ』と呆れるようになってしまった」(受付事務/20代)

▽ どんなに落ち込んでいても、誰かに相談するだけで気持ちが軽くなりますよね。ただし、あまりにも連続すると助けてもらえなくなるので注意。

3. 連絡先を全削除

・「ケンカの勢いに任せて、彼の連絡先を全て消去したことがあります。気持ちが落ち着いたときには、とても面倒くさい状態になっていたので削除はもう絶対しない」(IT関係/20代)

・「『もう別れる!』と大騒ぎして彼の電話番号などを削除した。でも、たった数日で我慢しきれず、共通の友達に助けてもらうはめに……」(医療関係/30代)

▽ 感情的になると、自分でもビックリするようなことをしてしまいますよね。繰り返すと彼にも呆れられてしまうので、ほどほどにしましょう。

4. 過去の我慢も爆発

・「結婚予定の彼氏はムダ使いばかり。ケンカになると『先週、○○も買っていたでしょ!』と、過去に見て見ぬふりをしていた浪費のことが次々出てしまいます」(公務員/30代)

・「彼とケンカになると、許せなかったことが大爆発。普段から集めておいた浮気の証拠を一気に出して黙らせます」(販売/20代)

▽ 機嫌が良いときは許せるのに、ケンカになると過去のことまで怒りたくなってしまうのです。普段から溜め込み過ぎないのも、大切かもしれませんね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/6 21:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます