体型隠せてません!5歳老け見えする夏のオバワンピ

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/235182/ )

動きやすくて楽チン、それでいて女性らしさもあって体型カバーにもうってつけ!まさに良いことずくめのワンピースですが、扱い方を間違うと急にオバ見え・デブ見え化するので要注意です。今回は、オバ見えするコーデのポイントを解説します。

 

Aラインのスキッパーシャツワンピ

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/235182/ )

スキッパーシャツワンピースは骨格が華奢な方、バストのボリュームがあまりない方、身長が高めの方ならうまく1枚で着てもサマになるのですが、体型カバーを目的に着ると余計に着膨れを起こします。とくに裾に向かって広がるAラインシルエットは布面積が多いぶん余計に大きく見えるので気をつけましょう。

とくに注意すべきは、ひざ下丈のスキッパーシャツワンピース。ふくらはぎの太さが露呈されて引き締まりのない印象を与えます。スキッパーシャツワンピースを取り入れるなら羽織りものとして活用もしくは、足首丈までの長いロング丈であまり横に広がらない落ち感のある素材で取り入れましょう。ボトムにワイドパンツやレギンスを重ね着するとコーデの完成度も高まってオシャレ見えに。

 

ノースリーブワンピ

 

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/235182/ )

定番のノースリーブワンピースは1着持っているととても便利!袖がないぶん、カーディガンなどの羽織ものを重ねられるので室内外の寒暖差が激しい真夏シーズンこそ活用頻度が高くてオススメです。

ただし、注意したいのは二の腕の露出。もちろん、カーディガンを羽織れば二の腕をカバーすることは出来ますが、暑すぎる日はその対応にだって無理があります。ふとしたタイミングであらわになった二の腕にボリュームがあると、ウエストや足が細くても太って見えるので気をつけましょう。同時にたるみも露呈されるので注意……!

ノースリーブワンピースは、アームホール(袖口)がやや広くゆとりのあるデザインを選びましょう。そして、できればショルダーポイント(肩のつけ根)が隠れるくらいの袖丈のノースリーブワンピースが理想的です。とはいえ絶妙なバランスのワンピースがすぐに見つかる訳でもないので、個人的には二の腕の太さを自然にカバーできるフレンチスリーブワンピースをオススメしています。

 

キャミソールワンピース

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/235182/ )

楽チンで可愛いキャミソールワンピース。華奢なストラップのデザインが繊細で女性しく大人にも人気のアイテムですが、重ね着を前提とするこのワンピースはデコルテ、肩、バストが細身の方でないと逆に太って見えてしまいます。

とくに二の腕が太いとストラップの細さとの対比で余計にたくましい印象だけが残ります。バストが大きい方も同様です。キャミソールワンピースはウエストにくびれのないデザインがほとんどなのでバストの膨らみ=上半身全体の厚みに見えてしまうので気をつけましょう。

 

安易にくすみカラーも取り入れない!

ワンピースは1枚でコーデが完結する利便性の高さがありますが、そのぶんワンピースによって顔映りの印象も大きく変動します。似合っていれば良いのですが、相性の悪い色のワンピースを着るとそれだけで老け見えを誘発するので取り入れる色にも注意しておきましょう。

人気のくすみカラーも本当にご自身の肌、顔の印象にマッチしているか試着を繰り返してよく吟味してから取り入れると良いですね。ぜひ、ご参考までに!

関連リンク

  • 8/6 9:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます