「おかえりモネ」1カ月振りに永瀬廉登場!坂口健太郎との三角関係がヒートアップ?

拡大画像を見る

 女優の清原果耶が主演を務める朝ドラ「おかえりモネ」(NHK)の第57話が8月3日に放送され、人気アイドルグループKing & Princeの永瀬廉がおよそ1カ月ぶりに登場。ツイッターでも話題を呼び、トレンド入りを果たした。

 宮城県気仙沼に生まれたヒロインの百音(清原)が気象予報士の資格を取って上京。身につけたスキルを活かして故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描くこのドラマ。第57話では、宮城県に大型台風が迫り、百音から情報を得た気仙沼に住む父・耕治(内野聖陽)が親友の及川新次(浅野忠信)の仮設住宅を訪れる。

 耕治から台風のために「島の船を動かしてもらえねえか?」と頼まれる新次。「係留しておけば大丈夫だろうよ」とつれない返事をする新次を見て、息子の亮(永瀬)が「耕治さん、オレ行きます」と志願。そんな息子を制して「嵐が来ると、オレに頼み事するっつーのは、おめぇのクセか」と言って、息子の雨ガッパを借りて、家を飛び出す新次。その姿を見て目を輝かせて微笑む亮の姿に、視聴者からは「父が船に乗る それがどれだけ希望の光か。りょーちん! なんて嬉しそうな顔!」「りょーちんの本当に嬉しそうな笑顔に胸アツ」「りょーちん、よかったねウゥ‥‥」など、キュンキュンコメントが多数書き込まれた。

「連絡をくれた百音に『親父が船、乗った』と前置きした上で、百音の父・耕治から頼まれ新次が船に乗ったこと、島の船も全部避難できて本当によかったと告げるメールの文面を見た視聴者からは、『これがモテる男か』『菅波先生(坂口健太郎)も見習って!』といったコメントも、ネットにあがりました」(女性誌記者)

 坂口健太郎演じる医師・菅波は、気象予報士の試験前に合格できるように長文のメールを百音に送り、長すぎると指摘されると、上京後の百音からの長文の近況報告には「頑張ってください」とそっけないメールを返して、百音をイラッとさせている。

「上京後に菅波先生と再会。このまま2人の距離が一気に縮まるかと思いきや、幼馴染の漁師・りょうちんとも心を通わせる百音。ここに来て百音を巡る三角関係が一気にヒートアップしてきました」(芸能ライター)

 百音を射止めるのはどっちだ?

(窪田史朗)

関連リンク

  • 8/6 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます