総額3億円のジュエリーを試着できるカフェが爆誕!体験レポートした

拡大画像を見る

 高級ジュエリー店が、なぜカフェ?

 7月16日に東京・表参道で“ユニークなカフェ”がオープンするということで行ってきました。

◆総額3億円のジュエリーを試着しながらスイーツを…

 そのお店とは、ジュエリーブランド「HELICAL CHORD(ヘリカルコード)※」が運営する、なんともスペシャルなカフェ。総額3億円のジュエリーを自由に試着しながら、ジュエリーをその場で販売するわけでもなく、こだわりのスイーツやコーヒーを楽しんでもらうコンセプトになっています。

 えっ、ジュエリーは試すだけで売っていない!? 不思議に思いますよね。でも実は、名だたる高級ファッションブランド(ティファニー、ルイヴィトン、ディオールやグッチなど)も、ここ数年でこぞって日本にカフェをオープンさせているんです。

 そこで今回は、このカフェの魅力を紹介しながら「ジュエリーをその場で売らないカフェをオープンさせた狙い」について石津大介COOに聞いた話をレポートしていきます。

※ELICAL CHORDとは?
デザイナーKangが2005年に創業した「Art of Inspiration」の想いを引き継いで、2020年に誕生した新たなジュエリーブランド。Kangは三浦翔平・桐谷美玲の婚約指輪や稲本潤一・田中美保の結婚指輪など、多くの著名人にジュエリーを提供しているカリスマデザイナー。

◆スイーツとジュエリーがセットで運ばれてくる

 店内には総額3億円にものぼる高級ジュエリーが試せるようにディスプレイされて、スイーツを食べながら、ジュエリーを気軽に試すことができます。

 しかも、その場で購入するのではなく、コンシェルジュに相談するというスタイルで、価格はリング一つで20万円以上する高級品が並んでいます。買わずに高級ジュエリーを思う存分試すことができるなんて、夢のよう……。

 実際にスイーツを注文すると、スイーツの世界観に合ったジュエリーがセットになって運ばれ、試しながら堪能できるようになっています。うん、確かにこれはなかなかないサービス。

◆カフェでは銀座イタリアンとコラボしたスイーツが楽しめる

 そして注目すべきは、カフェメニューへのこだわり。オープン後の期間限定で、銀座の人気イタリアン「Giovanni」 とのコラボスイーツを味わうことができます。

 実際に食べてみると、想像以上に洗練されていて至福の味わい。こだわりのコーヒーと共に3000円以内でお姫様にでもなったかのような気分でカフェ時間を味わうことができました。

 そして気になるのは、お店のねらい。やっぱりジュエリーが売れないとビジネスとして成立しないでしょうから、そのあたりについて同ブランドの石津大介COOに話を聞いてみました。

◆店舗はジュエリーを販売する“場所”ではない

――なぜジュエリーブランドがカフェ業態を始めたのですか?

 想いの込もった上質なスイーツ・コーヒーと共に、自由にジュエリーを楽しめる“新体験”を提供するためです。 HELICAL CHORDにとって店舗とは、ジュエリーを「販売」する場所ではなく、ブランドを「体験」いただく場所。ジュエリーをもっと自由に手に取って試して欲しいという想いから、新しい「体験」を提案しています。

 店内では、HELICAL CHORDの全アイテム、総額約3億円のジュエリーがショーケースではなく、オープンにディスプレイすることにこだわりました。ジュエリーを試着いただきながら、ここでしか味わえない各コレクションをモチーフにしたスイーツやコーヒーをお楽しみいただけます。これこそがヘリカルコードが考える新しい「体験」です。

◆ドルチェやコーヒーに込めた想いとは?

――カフェで提供しているドルチェに込めている想いとは?

 東京・銀座に店を構える予約の取れない高級レストラン「Giovanni(ジョヴァンニ)」の立野陽平シェフはイタリア・ナポリのPizzeria del Popoloなど人気レストランで研鑽を積んだ、今、注目の若手シェフです。HELICAL CHORDの想いとストーリーを込めたものづくり、その圧倒的な情熱に共感していただき、今回のコラボレーションが実現しました。

 通常、コースの中でしか提供していないドルチェ。今回HELICAL CHORDの各コレクションにインスパイアされたオリジナルスイーツ(3種)として期間限定でご提供いたします。

――コーヒーにはどんなこだわりが?

 世界最高品質のコーヒーを追求する「MI CAFETO(ミカフェート)」と共同開発したオリジナルブレンドコーヒーです。かつてコーヒーファンに愛されながらも内戦によって市場から姿を消したペルーコーヒー。この伝説のコーヒーをビジャ リカ農園のオーナーが復活させ「アンデスの涙」と称されるカトゥーラ種として蘇らせました。

 カフェではコロンビアにあるベジャビスタ農園のカトゥーラ種を採用。濃厚な甘みと飲み応えのあるボディが特徴的なコーヒーは、ここでしか体験できない唯一無二の味わいです。こちらも想いに共感し、コラボレーションが実現しました。

=====

 確かに、ここまでカフェメニューにこだわっているお店はなかなかないでしょう。ブランドに憧れて高級品を買い求めるだけの時代は終わったのかもしれません。

 食とファッションをつなぐのは、関わる人達の情熱や想い。このような“ヒトがつなぐ心熱い融合感”こそが、これからの時代をリードする理想的なモデルになっていくのかもしれません。

<取材・文・写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

関連リンク

  • 8/6 15:45
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます