小6で辞書の面白さに気付いた女の子 10年後の姿に称賛の声が続出

拡大画像を見る

んちゅたぐい(@iwanttobeJinrui)さんがTwitterに投稿した内容に反響が上がっています。

投稿者さんは、小学6年生の時の卒業文集にこのように書きました。

いつか新明解国語辞典を全版そろえたいです。

読み比べて、解説、例文がどう変わって至ったのかを調べてまとめたいです。絶対面白いと思います。

言葉は時代とともに変化するもの。

辞書に書いてある例文も、時代が変われば手が加えられることでしょう。

その面白さに、当時小学6年生の投稿者さんは気付いたのでした。

成人し、大人になった投稿者さんは当時の自分に向けて「10年後はこうなります」とつづり写真を投稿。現在の姿がこちらです。

卒業文集に書いた通り、たくさんの辞書に囲まれて生活していました。

投稿者さんは、大学で日本語について研究しているといいます。

まさに有言実行といえる、現在の生活。

電子辞書では分からない、紙の辞書ならではのよさがあるのでしょう。

投稿には、「すごい」「その気持ち、分かる」などの声が寄せられていました。

・すごい。素敵な趣味だと思います!

・10年前にやりたかったことを叶えているってすごいこと。

・とても分かる。私も辞書は本のほうが好きです。

夢を追い、言葉の研究を続ける投稿者さんの姿に拍手を送りたいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @iwanttobeJinrui

関連リンク

  • 8/6 14:03
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます