虫よけスプレーは簡単に作れます♪家計にも優しい「ハッカ油スプレー」の使い方

こんにちは!家事コツ研究員の三木です!

暑さとともに虫に刺される回数が日々増えているのは、私だけでしょうか(笑)。

虫よけアイテムはいろいろありますが、虫の種類ごとに揃えていたら、出費もかさみますよね。虫よけによっては、ニオイや成分がきついものも…。

そこでわが家では、虫対策に「ハッカ油」を活用しています!ハッカ油は自然由来で子どもがいても安心♪さわやかな香りで虫の対策に使える、優秀なアイテムなんです。

今回は、ハッカ油の作り方や、気になる虫よけ効果もあわせてご紹介します。

ハッカ油スプレーの作り方

「ハッカ油スプレー」は、ハッカ油と水(精製水)、無水エタノールの3つを混ぜて作ります。

材料を全部そろえても、だいたい1,000円ほど。普通の虫よけよりコスパが良いです!

ハッカ油は、原液のまま使うと強力すぎるので、水などで薄めてから使います。

<用意するもの>
・ハッカ油・・・15~20滴
・無水エタノール・・・10ml
(消毒用エタノールでもOK!)
・精製水・・・90ml
(今回は水で代用)
・スプレーボトル・・・1個
(ポリスチレンは避ける)

ハッカ油の成分は、ポリスチレン(PS)を溶かしてしまいます。
スプレーボトルは、ポリプロピレン(PP)など、ポリスチレン以外のものを用意しましょう。

<作り方>
① 無水エタノール10mlに、ハッカ油を15~20滴混ぜる
② ハッカ油がしっかり混ざったら、精製水か水道水90mlを混ぜる
③ ボトルに入れたら完成!

手順はたったのコレだけ!!とっても簡単です。
ただし、材料を混ぜる順番だけ、間違わないようにしてください。

ハッカ油と精製水(水道水)混ざりにくいので、先にエタノールとハッカ油を混ぜるのがポイント。
順番を間違うと、ハッカ油が溶けにくいので気をつけましょう。
計量カップがあると、材料をしっかり計れるので便利です♪

わが家流!ハッカ油スプレーの使い方

ハッカ油スプレーは、家中で大活躍♪
いろいろな場所に使うことで、家中まるごと虫対策ができますよ。

(1)ごみ箱消臭&虫よけに

夏のごみ箱って、めちゃめちゃ臭いませんか?
わが家には1歳の子どもがいるので、夏のおむつ臭はまさに地獄です…。

そこで役立つのが、ハッカ油スプレー!

ごみ箱にハッカ油スプレーをひと拭きすると、臭いが軽減されます。臭いが抑えられるので、虫も寄り付きにくくなりますよ♪

以前は、キッチン周りでコバエが集まっていましたが、ハッカ油スプレーを使い始めてから、ときどき見かける程度になりました。

(2)玄関を拭き掃除!虫の侵入を防ぐ

虫が出入るする確率が高い、玄関。宅配便を受け取った一瞬のスキを狙って、侵入してくるんですよね…。

そんな玄関は、ハッカ油スプレーで拭き掃除します♪

玄関扉からハッカの香りがするので、虫が寄ってこない!わが家では、玄関用の虫よけとハッカ油スプレーの2つを使って、虫をシャットアウトしています。

(3)フローリングも拭き掃除して、防虫&ピカピカに

リビングや廊下などの床も、ハッカ油スプレーで拭くと、部屋をまるごと虫よけできます。

布にハッカ油スプレーを吹きかけて、丁寧に拭き掃除♪

すると、部屋中にハッカの香りが広がって、気分も爽やかに!ハッカ油は天然由来の成分なので、子どもがいるわが家では、洗剤拭きをするよりも安心して使えています。

ハッカは虫よけ以外にもいろいろ使える!

ハッカ油は、虫よけのほかにも、

・室内干しのにおい消し
・靴の消臭
・鼻の通りをすっとする
・さわやかな香りでリフレッシュ

など、いろいろな効果があります♪

ハッカ油スプレーを小さなボトルに移せば、外出用の虫よけスプレーにもなりますよ。材料は、ドラッグストアや100均で揃いますので、ぜひ試してみてください。

文・写真/三木 ちな

 

関連リンク

  • 8/3 8:00
  • 暮らしニスタ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます