柳楽優弥、有村架純、三浦春馬の共演で戦時下の日常、慟哭、狂気を描いたと『映画 太陽の子』黒崎博監督

拡大画像を見る

唯一の被爆国である日本が加害国になる可能性もあった!? 日本の原爆研究を背景に時代に翻弄された若者たちの姿を描いた『映画 太陽の子』が公開されます。主演は柳楽優弥で、共演は有村架純、三浦春馬です。脚本を書いた黒崎博監督に物語の着想のきっかけ、キャスティング、現場での苦労話などをうかがいました。

<作品概要>

第二次世界大戦末期の日本に実在した「F研究」と呼ばれる原子爆弾開発計画をモチーフに、時代に翻弄されながらも全力で駆け抜けた若者たちの等身大の姿を描いた青春群像物語。

監督・脚本は「青天を衝け」など多くの話題作を手がける黒崎博。主人公の若き科学者、石村修を 柳楽優弥が演じ、修がほのかな恋心を寄せている幼なじみの朝倉世津に有村架純、軍人として戦地へ旅立つ弟・裕之に三浦春馬を配した。

主題歌を福山雅治が手掛け、心に沁みるバラード「彼方で」が物語を深く鮮やかに彩る。

<あらすじ>

1945年の夏。軍の密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室の若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、原子核爆弾の研究開発を進めていた。研究に没頭する日々の中、建物疎開で家を失った幼馴染の朝倉世津(有村架純)が修の家に居候することになる。時を同じくして、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰郷し、久しぶりの再会を喜ぶ3人。ひとときの幸せな時間の中で、戦地で裕之が負った深い心の傷を垣間見る修と世津だが、一方で物理学に魅了されていた修も、その裏にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。そんな二人を力強く包み込む世津はただ一人、戦争が終わった後の世界を見据えていた。

それぞれの想いを受け止め、自分たちの未来のためと開発を急ぐ修と研究チームだが、運命の8月6日が訪れてしまう。日本中が絶望に打ちひしがれる中、それでも前を向く修が見出した新たな光とは……。

何気なく手にした京都帝国大学の学生が書いた日記の断片がきっかけに

――広島県の図書館で若い科学者の日記の断片を見つけたことがきっかけで企画が立ち上がったとうかがいました。広島県の図書館に行かれたということは元々原爆に関する何かを撮りたいというお気持ちがあったのでしょうか。

僕は考えに行き詰まると図書館や大きな本屋さんに行って、背表紙だけ見ながら過ごすことがあるんです。あのときもそういう感じで広島の図書館に行き、「広島県史」という何巻もある堅苦しそうな本を見ていたら最後に史料編があって、何気なく手に取ってぱらぱらとページをめくっていたら京都帝国大学の学生の1人が書いた日記の断片を見つけました。

そこには、広島に新型爆弾が落ちたニュースが2日遅れて京都に届き、夜行に飛び乗って広島に行った話がドキュメントのように書かれていました。京都の学生の日記がなぜ広島県史に載っているのか。それが気になって調べ始めたのがきっかけでした。

――その時点ですでに番組や映画の製作を意識していたのでしょうか。

その瞬間はまだ、純粋な好奇心だったと思います。調べていくうちにその日記の前後を持っている人にたどり着き、ご遺族に会えたり、他の研究メンバーがわかったりして、広島だけでなく東京や茨城、山口にも行きました。いろんな人を訪ねてお話をうかがい、少しずつイメージが組み上がっていき、次第に「これは形にしないといけない」と思うようになりました。

©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナー

――取材を通じてモチベーションが育まれていったのですね。

日記の前後を手に入れたのですが、昔の人だから旧字で書いてあったりして読みにくい。何とか解読していくと、日々の原子力の研究については難しすぎてちんぷんかんぷんでしたが、活き活きと取り組んでいたことは伝わってきました。原子力について現代の私たちにはいろいろな知識やイメージ、思いがありますが、当時は誰も何もわからない。ピッカピカの新しい学問です。現代でいえばAIやゲノム編集、同じ京都大学でいえば山中伸弥教授のiPS細胞の研究といった最先端の技術が、100年後に人間をどう変えるか、どこに行き着かせるかは誰にもわかりません。そこに考えが至ったとき、昔話を急に身近な話に感じ始めたのです。

日記には研究のことのほかに、「研究室でお砂糖が手に入ってそれを持ち帰ったら喜ばれた」とか、「この子のことが好きだ」、「弟が素敵な人と結婚してうれしい」など日々の暮らしのことも書かれていました。それを読んでいるうちに、彼らが秘密の部屋で暗い顔をして兵器開発をしていたわけではなく、毎日、目の前にある未知の学問と嬉々として向かい合いながら、私たちと同じ感覚で一生懸命に生きていたことがわかってきたのです。日記からイメージを膨らませて人物を作っていくわけですが、次第に一人一人が身近に感じられるようになり、物語が動き始めました。

3人には撮影のGOサインが出る前にオファー

――メインキャラクターの柳楽優弥さん、有村架純さん、三浦春馬さんはいつ頃、キャスティングされたのでしょうか。

なかなか映像化の目途が立たず、3年前にやっと撮れるかもしれないということになり、撮影のGOサインが出る前でしたが、この3人にオファーをしました。修は柳楽優弥くんしか考えられないと思ったし、世津は有村さん、弟の裕之は三浦春馬くんにやってほしかったのです。彼らがこのテーマをどう思うか、とにかく脚本を読んでもらいました。すると3人とも即答に近い形で「一緒にやりましょう」と言ってくれたのです。うれしかったですね。僕はその言葉に支えられて、ここまでやってこれました。

――3人のキャラクターは当て書きでしょうか。

初稿を書き上げたのは7〜8年前だったので、その時点ではなかったですね。ただ、撮影の直前まで何度もプロデューサーたちと話し合って脚本を直したのですが、そのときに、演じてくれる彼らの顔が頭にあったのは確かです。

©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナー

――早めにキャスティングされたことで、役作りについて、事前にいろいろ話をされたのでしょうか。

柳楽くんとは特に時間をかけて話をしました。柳楽くん演じる科学者・修は、「原子核にこれがぶつかったらこういう変化が起きて…」といったことに、命に変えるほどの喜びを感じている。そんな科学者の思考を100%理解することは僕にはできません。それでもそういう修を表現したい。取材で出会った科学者たちの多くは、常人には理解できない回路で物事を見ておられたように感じたし、日記にもそういう断片があるのです。

修はとてもいいヤツですが、科学に関してはどこか狂っている。暴力的な狂気ではなく、アカデミックな狂気です。それが何なのか、僕にはわからない。柳楽くんに「正解はわからないけれど、やってみながら作っていこう」と伝えて、撮影に入る前だけでなく現場でもたくさん話をしました。

裕之に関しては説明的な演出はしないと決めた

――三浦春馬さんとはいかがででしたか。

彼の役柄を文章で表現するなら、“戦場でのトラウマを抱えて帰ってきた”。しかし、それを演技で説明する必要はないよねという話をしました。つまり“どこかに影がある”とか、“ふっと笑って俯くと暗い顔になっている”といった説明的な演出はしないということです。裕之はものすごくいろいろ抱えているけれど、お母さんや世津の前でニコニコ笑っているのは作り笑いではなく、本当に笑っていたはず。まずはその笑顔、生きているエネルギーが素敵であることが大事。そういう人物を作ろうと話しました。その上で死への恐怖に打ちのめされるシーンは真逆に針を振る。そのギャップが大きければ大きいほど人物像として深くなります。春馬くんも賛成してくれました。丸裸になって海で泳ぐシーンは、三浦春馬ならではの凄いエネルギーが身体から発散していると感じながら撮りました。

©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナー

――もしかして監督にとって、修よりも裕之の方がイメージしやすいのではありませんか。

そうかもしれないですね。あっち側とこっち側と表現したら、こっち側にいるのは裕之で、修は何の境界かわからないけれど、ちょっとだけ向こう側に足を踏み入れている人なのです。だから修は難しいし、怖いと思う。すごく心根は優しい奴ですが、こと科学においては真理を見つけるためには人を傷つけても構わないし、自分や誰かが命を落としてもしようがないと思っている。絶対的に大事なものが何かという基準が恐ろしいことにちょっとだけずれているのです。裕之にとって何が大事かは僕らも理解できる。だから柳楽さんは演じる上ですごく難しかっただろうし、2人にはそういう違いがあると思います。

――有村架純さんとはいかがでしょうか。

有村さんは最初のミーティングのときに「元気に暮らしていてもいつ死ぬかわからないという戦時中の気持ちがどういうものなのか、よくわかりません。だからそれをベースに置きながら芝居をするのは難しいし、緊張しています」と言っていました。僕らは資料を読んだり、人の話を聞いたり、映画を見たりしてイメージを少しずつ、断片を作っていくしかありません。自分の手持ちのカードの中で「こんな感じかな?」とやるのは非常に危険です。もっともっと想像しないと演じられないという怖さを感じながら、謙虚な姿勢で入ってきてくれた。有村さんの言葉からそう感じて、彼女にお願いしてよかったと思いました。

©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナー

――作品の中でも世津だけは戦後のことまで考えていましたね。

この物語の中で唯一、自信をもって未来を見据えているのが世津です。そこが脚本の中でいちばん力強くやりたいところで、演じる人自身が持っているエネルギーで言ってくれないと伝わらない。あのセリフを言うのはとても難しいと思います。でも、「有村さんなら言える」と僕は勝手な自信を持っていました。セリフの言い回しがうまいというテクニックの部分もありますが、それを超えて「この女性だったら言うよね」と納得できてしまう強さを有村さん自身が持っているんじゃないかと思っていたのです。有村さんも脚本を読んで、それを感じてくれた気がします。

夜明け前5分のマジックアワーで捉えた裕之の心情

――柳楽優弥さんが「3人で海に行くシーンの撮影はとんでもなく大変だった」と語っていた記事を読みました。

浜辺に辿り着くまでが大変な場所なのです。直接行ける道がないので、隣の浜からあの浜辺まで潮の満ち引きを利用して、水に浸かりながら歩いていくのです。機材はスタッフが担いで搬入しました。本来なら撮影の現場に適していないところですが、太陽の方角などいろんな条件がここしかなかったのです。しかも昼間のきれいな海のシーンを撮っていたら、有村さんが背後の崖にスズメバチの巣があることに気がつきました。撤去してくれる業者さんを手配できず、役場にあった宇宙服みたいな防護服を2つ借りてきて、制作部が脚立をかけて撤去してくれました。どうしてもそこで撮影したかったので、僕は拝むような気持ちでした。

――それは大変でしたね。しかし、早朝の海でのシーンはとても印象に残りました。

裕之が死への恐怖に打ちのめされるシーンですが、夜明け直前のマジックアワーで撮ろうと決めていたので、明け方2時くらいに移動しました。キャストは前日に建てておいた小さなテントで濡れた服を衣装に着替え、その間にスタッフは機材を準備して、夜明け前の5分くらいしかないマジックアワーを待つ。それを過ぎると空が普通になってしまうので、やり直しができません。とにかく一発本番で撮ろうとみんなの緊張感を感じましたね。

©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナー

――1回で無事、撮れましたか。

修と裕之がどういう風に倒れ込むか、カメラアングルはどうするかといった段取りは前日に宿の食堂でテーブルをどかして、軽く打ち合わせしました。あとは波任せで、やってみるしかないといった感じでしたが、みんなアスリートが走る前みたいに準備体操したりして万全な状態を整えて、無事撮れました。

――それまでの裕之が輝いていただけに闇の部分がはっきり見えた気がします。

裕之はとにかく笑顔の人で、その日を迎えるまでに、たくさんの笑顔を撮っています。その光が眩しければ眩しいほど、それが転じた影の部分が深くなるという思いが僕の中にありました。撮影当日、裕之の表情について何も演出していませんでしたが、カメラを通して春馬くんの慟哭を見て、彼にお願いしてよかったと思いました。

©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナー

――修と裕之の母を演じたのは田中裕子さんですが、出征する裕之の耳を触る姿にびっくりしました。監督の演出でしょうか。

これは裕子さんのアイデアです。僕は脚本に「そっと抱きしめる」と書いていましたが、裕子さんが「耳を触るってどうかしら」とおっしゃって、あのシーンになりました。素晴らしいですよね。
裕子さんとは以前、「帽子」という単発のテレビドラマでご一緒したのですが、現場に入ってきた裕子さんがリハーサルのときとは違うところにぽーんと座ってお芝居をされました。僕も相手役の緒形拳さんもびっくりして目を見合わせましたが、それがすごくよかったんです。今回の耳のところも演出家としては思いつかなかったので、「あの閃きがきたな」と思いました。

長いラストシーンで修の心の中にぐんぐん踏み込む

――昨年放送された、映画のパイロット版とも言うべきテレビドラマとの違いはどんなところでしょうか。

大きく異なるのは結末です。テレビドラマには無い長いラストシーンが描かれます。その結果、修の心の中にぐんぐん踏み込んでいます。そこを伝えたかったので映画を撮ったのですが、日々の生活の愛おしさは映画でもとても大事に描いているつもりです。

©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナー

――修とアインシュタインの対話も印象的でした。

あの対話は最初に脚本を書いたときからありました。自分としてはこの映画で不可欠だという気がずっとしていて、結果としてあの形を取りました。今は便宜上、アインシュタインとの対話としていますが、あくまでも便宜上で、声の主がアインシュタインかどうかはわからないし、もしかすると修自身のリフレクションかもしれない。そこは決めなくていいと思っています。声をやってくれたのは、ピーター・ストーメアさんで、カナダで録音しました。彼にもそれを伝え、「もしかすると主人公が自分の中で作りだした何かのイメージかもしれないし、すごく抽象的に言えば、歴史と主人公が対話しているということかもしれない。僕に説明できるのはそこまでなので、ピーターさんが自分で解釈してやっていただいて構いません」と話したら、ピーターは「OK」と言ってくれました。

人間と科学の関係は70年前も今も、そして100年後も同じようにデッドヒートが続いていると思います。もしかするとコロナもそうかもしれません。人間は自然科学をコントルールできると思っていたかもしれないけれど、結局、コントロールできない。それでも最後の最後は人間が対処してやっていくということを僕らは今、やっているし、これから先も同じようなことが何回も起きていくでしょう。アインシュタインの声はそれを俯瞰した目で語ってくれていると僕は捉えています。

――これから作品をご覧になる方にひとことお願いいたします。

戦時下の極限の状態にあっても、ひたむきに青春の日々を生きた若者たちの姿を描きました。いろんなテーマを包み込んだ物語で、けっしてただのハッピーエンドではありません。しかし僕たちが生きている世の中は希望を持って生きていってもいいと思える作品に仕上げています。ぜひそこをスクリーンでご覧いただけたらうれしいです。

(取材・文:ほりきみき)

<プロフィール>

黒崎博監督

©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナー

1969 年生まれ、岡山県出身。92 年に NHK に入局。2010 年、ドラマ「火の魚」の演出により平成 21 年度芸術選奨文部科学大臣新人賞放送部門、第 36 回放送文化基金賞演出賞、および東京ドラマアウォード 2010 演出賞を受賞。主な映画作品は『冬の日』(11)、『セカンドバージン』。『神の火』(Prometheus' Fire)でサンダンス・インスティテュート/NHK 賞 2015 にてスペシャル・メンション賞(特別賞)を受賞。「太陽の子」(GIFT OF FIRE)と改題し 2020 年にパイロット版とも言うべきテレビドラマが放映される。主な作品に NHK 連続テレビ小説「ひよっこ」、「帽子」(08)、「火の魚」(09)、「チェイス〜国税査察官〜」(10)、「メイドインジャパン」(13)、「警察庁長官狙撃事件」(18)、現在放送中の NHK 大河ドラマ「青天を衝け」(21)などがある。

『映画 太陽の子』

©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナー

監督・脚本:黒崎博
出演:柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、田中裕子、國村隼、ピーター・ストーメア、イッセー緒方、山本晋也、三浦誠己、宇野祥平、尾上寛之、渡辺大知、葉山奨之、奥野瑛太、土居志央梨
音楽:ニコ・ミューリー『愛を読むひと』
主題歌:「彼方で」 福山雅治 (アミューズ/ユニバーサル J)
制作:KOMODO PRODUCTIONS
配給:イオンエンターテイメント
©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナー
2021年8月6日(金)公開

『映画 太陽の子』公式サイト | 2021年8月6日(金)全国公開

関連リンク

  • 8/5 2:02
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます