【大井・マイルグランプリ結果】浦和のティーズダンクが叩き合いを制す!重賞3勝目

拡大画像を見る

 8月5日、大井競馬場で行われたマイルグランプリ(3歳上・重賞・ダ1600m・1着賞金2500万円)は、好位の後ろでレースを進めた矢野貴之騎手騎乗の8番人気ティーズダンク(牡4、浦和・水野貴史厩舎)が、早め先頭で粘っていた1番人気モジアナフレイバー(牡6、大井・福永敏厩舎)を直線で捕らえ、ゴール前では外から併せてきた3番人気グレンツェント(牡8、大井・藤田輝信厩舎)との叩き合いも制して優勝した。勝ちタイムは1分39秒1(良)。

 クビ差の2着にグレンツェント、さらに1馬身差の3着にモジアナフレイバーが入った。なお、2番人気ワークアンドラブ(牡6、大井・荒山勝徳厩舎)は4着に終わった。

 勝ったティーズダンクは、父スマートファルコン、母ビフォーダーク、その父キングカメハメハという血統。昨年9月の戸塚記念以来、通算3度目の重賞制覇を果たした。

関連リンク

  • 8/5 20:28
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます