生駒里奈×池田純矢W主演舞台<エン*ゲキ#05『-4D-imetor』>開幕「必ず幸せにする自信があります!」

生駒里奈と池田純矢がW主演を務める舞台<エン*ゲキ#05『-4D-imetor』>が、本日8月5日(木)より開幕した。

<エン*ゲキ>は、役者・池田純矢が自身の脚本・演出により、“演劇とは娯楽であるべきだ”の理念のもと、誰もが楽しめる王道エンタテインメントに特化した公演を上演するために作られた企画。2015年以来、これまでに4作を上演。演目ごとに学問のジャンルをテーマに定め、それをエンタテインメント作品に昇華させることで、好評を博している。

5作目となる今作<-4D-imetor>のテーマ“量子力学”。四次元世界や超能力といった未解明のミステリーを“イリュージョンマジック”で魅せるという、演劇的インスピレーションにあふれた体感型演劇となる。

本日、一般上演に先立ち、メディア向けの取材会と公開ゲネプロが実施された。

コメント

作・演出/渡来暦役 池田純矢:
この<-4D-imetor>は、構想から11年、今日ようやく初日を迎えます。嬉しさや楽しみよりも何より、まず安全に何ごともなく、この場を迎えられたことへの感謝の気持ちでいっぱいです。

昨年、公演中止を発表しましたが、どうしてもこの作品を届けたいという想いから、キャスト・スタッフのみんなに何とか日程をくり延べて上演したいと伝えて、再始動の準備をしてから中止を決めましたので、この1年、気持ち的にもかなりダメージはありましたが、悲観ばかりではありませんでした。当初考えていた、客席に降りてのイリュージョンなどは難しくなりましたが、客席に降りずともお客さま全員が体感できるようなイリュージョンを、監修を務めていただいたマジシャンの新子景視さんと一緒に考えてきました。

ノア役の生駒さん、本当に天才だと思います! 何をやらせても一級でオーラがありますが、ノアという元気ではつらつとした、けれど根には脆く儚いところのあるキャラクターを見事に演じてくれています。ノアと生駒里奈という存在が融合、同化していくのはとても感動的でした。

紀伊國屋ホールという、井上ひさしさん、つかこうへいさんなど歴々たる演出家が作品を創ってきた劇場で、いつかそこに並べる存在になれるよう、また新たな一歩を踏み出します。

この作品は、アクション・イリュージョン・謎解き……いろいろなギミックをふんだんに盛り込んだ、“ザ・エンタテインメント”です。

みんなの魂の結晶を、どうか観ていただきたいと思います。

ノア役 生駒里奈:
私が演じるノアは“四次元人”。見どころは派手なアクションです! 運動は苦手なのですが、稽古でミット打ちもたくさんして、どんどん強くなれた気がしますし、何よりもアクションが楽しくって、もっと強くなりたい!と思っています。

そして、この今の時代に、ノアというキャラクターを通して“自分って何?”というメッセージを伝えることができるのではないかと思います。

素直な“楽しみ”という気持ちばかりではなく、いいのかな……と思ってしまうこともあります。ですが、私たちはお客さまを楽しませるために存在していますし、お客さまに楽しんでいただける自信、必ず幸せにする自信があります! ぜひ観ていただけたら嬉しいです。


斉木国成役 村田充:
都市伝説級のテロリスト・斉木国成を演じます。去年は、僕も大好きな俳優である玉城裕規くんが斉木を演じるはずでした。彼のプランに負けないようなものを、板の上で表現したいと思っています。斉木なりに大切なものを取り戻そうとしている様、それが色濃く出てくる変化も、観ていただけましたら嬉しいです。

キャスト・スタッフ一同、コンディションをキープしながら初日を迎え、この場に立てていることを奇跡的に感じています。千穐楽まで気を抜くことなく、精進してまいりたいと思います。

明智小次郎役 松島庄汰:
公演を中止してからの1年、(池田)純矢の想いをたくさん聞いてきました。ようやくここまで来ることができましたので、最後まで気を抜かず、しっかり務めていきたいと思います。

僕が演じる明智小次郎は、刑事なので、アクションシーンでは柔道技も見どころです。アクション、コメディ、そしてグッとくるシーン! たくさんの要素がぎゅっと詰め込まれている、ザ・娯楽!な作品です。ぜひ楽しんでください。

山田一郎役 田村心:
山田一郎役を演じます。山田は、物語の真髄には一切関わらない(笑)、箸休め的な、愛されキャラです。僕だけ一切、真髄には触れませんが、そんなところも愛していただき、そして、山田がいるからこそ、よりストーリーがわかりやすくなると思うので、お客さまに寄り添えるよう頑張ります!

この1年、ノアはずっと動いていたんじゃないかな? そんなことを思っています。作品を観ていただけたら、この意味がきっと分かるはずなので、ぜひ楽しみにしていてください。

No.α役 新子景視:
こうして初日を迎えられること、とても嬉しく思います。僕は、No.α(アルファ)という“オリジナル”の四次元人を演じます。サイコキネシスなど超能力をいっぱい使います。僕はマジシャンですので、本当の超能力者に見えるよう説得力を持たせられたらと思います。

イリュージョンマジックも、このご時世でも楽しんでいただけるようにバージョンアップしています。マジックショーではなく、演劇の中にマジックが溶け込んでいる、他に類を見ない作品になっています。ぜひ体験していただけたら嬉しいです。

真堂歳延役 阿南健治:
四次元や量子力学についてのとても長くややこしい台詞。1年が経ちまして、どうにかギリギリ、覚えきりました(笑)。若い人たちのエネルギーが、オジサンにはとても眩しく感じます。そして、27年ぶりに紀伊國屋ホールの舞台に立ちまして、非常に感慨深いものがあります。

ザ・エンタテインメントな舞台です。やっとお届けできる! キャストのみなさん、頑張りましょう! お客さまみなさまにお届けできること、幸せに思います。乞うご期待!

なお、同舞台は、東京公演が8月5日(木)~15日(日)に紀伊國屋ホール、大阪公演が8月28日(土)~29日(日)にCOOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて上演される。

<エン*ゲキ#05『-4D-imetor』>

ストーリー
私設研究機関『渡来超能力研究所』の所長・渡来暦は、世間からオカルトマニアの変人と噂されながらも、超能力の解明に明け暮れていた。

ある日、研究所の壁面からまるでテレポーテーションのように突如出現する記憶を失った謎の少女・ノア。

ルーツを辿る唯一の手がかりは
“ノア、必ず帰ってこい。渡来超能力研究所で待つ”
と書かれた血まみれのメモ。

時を同じくして、首相官邸ではテロ組織が超能力でもなければ不可能な手口で総理を人質に取り、立て籠もるという事件が発生。

渡来は、ノアやテロ組織ら超能力者を、三次元の肉体を持ちながら四次元世界に干渉できるように進化した新人類“4Dimetor”と推論し、事件の真相を追う。

一方、政府の『国立研究所』では何やら不穏な気配が立ち込めていた。

失われた記憶、血まみれのメモ、テロ組織の目的、国立研究所の闇……あらゆる謎が、パズルのピースを埋めるように次々と解き明かされていく。

“さあ、好奇心の扉を開けよう!”

概要
作・演出:池田純矢

■出演
生駒里奈 池田純矢
村田充 松島庄汰 田村心 新子景視
藤澤アニキ 北村海 町田尚規 松本城太郎 前田りょうが 春本ヒロ
阿南健治

音楽:和田俊輔/美術:根来美咲/照明:榊原大輔/音響:井上直裕/衣裳:八重樫伸登/ヘアメイク:古橋香奈子、成谷充未/イリュージョン監修:新子景視/演出助手:荻原秋裕/宣伝写真:京介/宣伝美術:田中ユウコ/webデザイン:蘭わかば/ライター:横川良明/キャスティング:杉山麻衣/制作協力:設楽敬子、鉄炮塚亜希/共同プロデュース:山田泰彦、北村友香理/プロデュース:森脇直人/宣伝:ディップス・プラネット/票券:サンライズプロモーション大阪

【東京公演】
日程:2021年8月5日(木)~15日(日)
会場:紀伊國屋ホール

【大阪公演】
日程:2021年8月28日(土)~29日(日)
会場:COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

8月5日(木)19時公演 ライブ&アーカイブ配信実施
Streaming+にて、ライブ&アーカイブ配信を実施
取り扱い:イープラス
アーカイブ配信視聴可能時間:2021年8月8日(日)23:59まで ※販売期間は8月8日(日)20:00まで
視聴料金:¥3,500
お問い合せ:0570-02-9111(10:00~18:00)

■東京・大阪共通プレイガイド
チケットぴあ Pコード:506-371
セブンイレブン
ローソンチケット(ローソン店内Loppi) Lコード:33712(東京)/53237(大阪)
e+(ファミリーマート各店舗)
楽天チケット
CNプレイガイド(ファミリーマート各店舗)
キノチケオンライン(東京公演のみ) キノチケットカウンター 紀伊國屋書店新宿本店5F(10:00~18:30)

チケット料金:¥7,800(全席指定・税込)
お問い合せ:公演事務局 0570-200-114(10:00~16:00 日・祝は休業)
主催:関西テレビ放送 サンライズプロモーション大阪 バール
製作:バール

関連リンク

公式サイト公式Twitterライブ&アーカイブ配信チケットぴあローソンチケットe+楽天チケットCNプレイガイドキノチケオンライン

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/5 20:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます