【東京2020オリンピック】アラフォー世代に聞いた「見逃せない種目」ランキング!

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/239226/ )

日本のメダルラッシュに大盛り上がりの東京オリンピック。今回は、オトナ世代の皆さんの観戦事情を調査しました!

01.東京2020オリンピック、あなたは誰と観戦してる?

1位:家族と(77.8%)
2位:パートナーと(11.1%)
3位:一人で(5.6%)
4位:見ない(5.6%)

家族や恋人と観るという人がほとんど。普段は会話があまり多くない子どもたちと交流するきっかけにしたい、という声も多くありました。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/239226/ )

02.これだけは必ず!と今回のオリンピックでチェックする(した)競技は?またその理由は?

5位:スケートボード

・金メダルを獲得した堀米雄斗選手がすごかった!女子のパークも10代の日本人選手※が何人か出るみたいで、活躍に期待します。(30代後半・会社員)※岡本碧優選手(15)、四十住さくら選手(19)、開心那選手(12)

・新種目なので注目してます。中学生と高校生の息子二人も夢中になっているので、親子で一緒に観戦できたら良いな。(40代前半・会社員)

4位:柔道

・オリンピックで日本人が活躍する種目といえば、真っ先に柔道が思い浮かびます。実力的にはどの階級の選手もメダル圏内だと思うので、楽しみ!(40代後半・会社員)

・元金メダリストの松本薫さんの解説が分かりやすくて楽しかった。競技人口的には減ってるかも知れないけど、日本の伝統として多くの人に興味をもってもらえるのは良いこと!(40代前半・パート)

3位:ソフトボール

・北京オリンピック以来の連覇を果たしてほしい、と強い期待を込めて。次回から無くなってしまうだなんて残念…。(40代後半・自営業)

・娘が部活動でやっているので、一緒に観戦できるなと。今まではぶっちゃけルールがよく分かっていなかったけど、娘にも解説してもらって楽しめました。(50代前半・会社員)

2位:競泳

・いちばん夏のオリンピック感がある!色々と話題の選手が多いので、楽しみです。(40代後半・会社員)

・競泳の池江璃花子選手。決勝へは進めませんでしたが、白血病を乗り越えてオリンピックの舞台に立つ彼女の姿に感動しました。(30代後半・会社員)

・自分も夫も、昔習っていたから。水球、飛び込み、アーティスティックスイミング(シンクロナイズドスイミングのこと)も面白そう。(40代後半・専業主婦)

1位:卓球

・やはり、混合ダブルスの水谷伊藤ペアでしょう。二人の役割分担や駆け引きなど、シングルスには無い面白さがあります。(40代後半・会社員)

・静岡県民として、地元の水谷隼選手と伊藤美誠選手を全力応援!通販で売り切れになったという「水谷隼カレー」が気になります。(40代後半・会社員)

・ルクセンブルク代表のニー・シャーリエン選手が58歳とは思えない!韓国の17歳の申裕斌(シンユビン)選手と闘う姿に圧倒されました。(40代後半・会社員)

 

日々の熱い試合に注目です!

1位:卓球(34人)
2位:競泳(25人)
3位:ソフトボール(19人)
4位:柔道(17人)
5位:スケートボード(6人)
(複数回答可)

 

  • 8/5 6:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます