ハクバ、アウトドアカメラ「RICOH WG-7」用液晶保護フィルムの新タイプを発売

拡大画像を見る

 ハクバ写真産業は7月30日に、リコーのコンパクトデジタルカメラ「RICOH WG-7」に適した液晶保護フィルムとして、「RICOH WG-7/WG-6/G900専用 液晶保護フィルム 耐衝撃・撥水タイプ」と「RICOH WG-7/WG-6/G900専用 液晶保護フィルム 親水タイプ」の2製品を発売した。

 「耐衝撃・撥水タイプ」は、3層のPET層がそれぞれで衝撃を吸収し、外部からの衝撃や傷から液晶画面を守る液晶保護フィルム。撥水加工が施されているので、フィルム上に付着した水滴を、簡単に払い落とせる。
 ほかにも、フィルム表面にすり傷や爪あとなどが残りにくい、表面硬度(3H)と保護力を備えており、指紋が付きにくい指紋防止加工、菌の繁殖を防ぐ抗菌加工を施している。さらに、貼り付け時に入ってしまった気泡が自然に消えるバブルレスタイプなので、微細なホコリならシリコン粘着層が取り込んで気泡を発生させない。
 価格は1705円。
 「親水タイプ」は、親水性能によって表面に水膜を形成して水滴を作りにくく、また曇りにくいのでクリアな画面を保てる。さらに、水を垂らすだけで水垢や指紋汚れが浮くセルフクリーニング効果も備えている。
 ほかにも、高い表面硬度によって、液晶画面を傷から保護するとともに、エラストマー樹脂粘着層によって気泡が入りにくく、気泡が入った場合でも手で押し出しやすい。
 価格は1375円。
 なお、「耐衝撃・撥水タイプ」「親水タイプ」ともにフィルムを液晶画面に置くだけで自然に貼りつき、貼り付けに失敗しても吸着力を損ねることなく貼り直せる。

関連リンク

  • 8/5 11:05
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます