“令和のハイレグプリンセス”林田百加、現役女子大生が魅せる大胆不敵な鋭角

拡大画像を見る

昨年8月に1stDVD『ピュアスマイル』でグラビアデビューを果たした林田百加。普段は都内の有名大学に通う現役女子大生の美少女系だが、162cmの身長に上からB82・W59・H88(cm)というスラッとしたスレンダーボディを武器に、過激なハイレグ水着を着用して"令和のハイレグプリンセス"と呼ばれるなど、新人ながらもグラビアファンから熱い視線を集めている。その彼女が3作目のDVD『百加日記』(竹書房)をリリース。大好きなハイレグ水着でみごとな美脚とむっちりヒップをたっぷりと見せつけている。


昨年デビューしたグラドルの中でも特に注目を集めている林田。グラドルファンのみならず業界関係者からも熱い視線を浴びている彼女が約半年ぶりにリリースした今作。自慢のスレンダーボディは相変わらずうっとりする肢体で、水をも弾く極上のボディはさらに研ぎ澄まされた印象だ。


お風呂のシーンからスタートするが、眼帯ビキニを着用して白い肌を最大露出。カメラはそんな林田のボディに肉薄しており、至近距離で彼女のボディを楽しむことができる。彼氏と思われるやり取りはもちろん、カメラに写ったボディと大人びた表情にも注目して欲しい。現在20歳の林田だが、映像を見る限り、随分と大人っぽくなった表情を見せて視聴者を誘惑している。


林田の代名詞でもあるハイレグ水着も多数収録。レストラン的な場所では白いハイレグ水着を、室内ではハイレグのレオタード、最後に登場する海辺のシーンでは黒いハイレグ水着を着用して自慢の美脚を存分に披露している。シーンとしては、最後の海辺のシーンをはじめ、ゴールドビキニ姿でオイルまみれになりながらダンスをするシーン、和室的な場所でバランスボールに興じるシーンやボーイスカウトの制服からマッサージへと展開してくシーン、制服コスプレを着用したシーンなど見どころは尽きない。


グラドルとして成長した姿を楽しみたいならば、ゴールドビキニのシーンや最後の海辺のシーンがオススメ。ゴールドビキニを着用したシーンでは身体をオイルまみれになって誘惑の目線をカメラに向けて大人の女性をアピール。20歳の現役女子大生とは思えない艷やかな表情が実に印象的だ。最後の海辺のシーンでは少女のような可愛らしさから大人の表情に変ぼうするなど、そのギャップを楽しむことができる。完成度としては、過去2作を上回った今作。年齢も20歳と若く、次回作以降もさらなる成長が期待できる。今後どこまで成長するのか、注視していきたい若手有望株のグラドルだ。


林田のDVD発売記念イベントは8月14日(土)、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館 8Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。

関連リンク

  • 8/5 8:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます